ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:酔いどれ小籐次留書

KISS×SIS 11 ぢたま某
ビリオネアガール 2  支倉凍砂
状箱騒動 佐伯泰英
IMG_0840
KISS×SISはもう11巻。連載当初の予想とは違った方向になってきましたなぁ。
登場時はただの服屋の店員だったお姉さんが担任になってさらに恋人になるとは思わなかった。三国がもうちょっと来るかと思ったです。まだまだ話は終わってないし、これからの展開に期待。この巻の内容は

あこがエッチな下着で一人エッチ
桐生先生と一つの布団であったまる
お風呂で全裸、モザイク付き
りこを攻める圭太
校内デートで桐生先生とディープなキス

等々、面白かったです。


ビリオネアガールは、トレーディングで稼いで100億円以上資産のある女の子の話。
主人公恵が、少女紫と一緒に大学の友達たちとバーベキューに行く話から。一緒にバーベキューなんてしたことなかった紫はかなり楽しめたようです。一緒に買い物にいったり、株の勉強を始めたり、少しづつ近づいていっている二人ですけど、紫は不器用だし、恵もマイペースだし、まだまだ時間がかかりそう。
それに紫は億万長者ってやつですが・・・。それを気にしないで付き合うっていうのは、どうするということなんでしょうね。その事実を見ないってことではないでしょうし、その上で紫という一人の少女を見る?言葉の上では簡単ですけど、お金が絡んでくる問題は難しいですね~。


状箱騒動は酔いどれ小籐次シリーズの新刊。
水戸行きの一行が「状箱=江戸に居る藩主と水戸の通信便」が奪われる事件に巻き込まれます。
小籐次は相変わらず無敵ですが、剣の使い方や、酒の飲む姿の描写がいつもより詳しくてよかったと思います。
最期は国三が意外な才能を発揮して、今後どうするのか考えているという、いい終わり方でした。居眠り磐音の宮松や幸吉、吉原裏同心の竹松など、若い世代が育ってきてると、シリーズが進んだことを、そして終わりが近づいてきていることを感じさせます。

信長協奏曲 6 石井あゆみ
ナポレオン 覇道進撃 2 長谷川哲也
酔いどれ小籐次留書 祝言日和 佐伯泰英
鬼平犯科帳 52 さいとう・たかを

IMG_0327
 信長協奏曲は、現代人のサブローが過去にいくという点はよくある話ですが、別に未来の知識を使うわけじゃなくて、サブロー自身の性格でなんだかんだ、成し遂げていくのがいいです。
 物語は姉川の戦いが終わり、浅井・朝倉との戦いもいよいよ終結が近そうです。
 せっかく協力してくれていたミッチーが、ちょっと怪しげな雰囲気を出してきた気がします。注目ですね。

 ナポレオンは、マレンゴの戦いが中心。
 ナポレオン1巻のアウステリッツの戦いは、戦争芸術という言葉通り、綺麗な、そして完璧な戦いで面白かったですが、こちらはまさに激戦という言葉がふさわしい戦い。
 エジプト遠征での描写が少なかったので、ドゼーの最大の、そして最後の見せ場。この漫画の登場人物はかっこいいにも程がありますね。これだけ続いても、毎巻楽しんで読んでます。

小籐次は、なんか安定しすぎて面白みがないwまぁ、月々新刊が読めるのはうれしいのですが。

鬼平はコンビニで読んでた内容の収録だったのが残念。全部読んだことのある話だったので、特に感想はありません。

同じ作者の居眠り磐音シリーズを読んだ縁で、こちらのシリーズも読み始めました。
図書館で借りました。1、2巻を読んだところでとりあえずの感想などを。

酔いどれ小籐次留書シリーズ 佐伯泰英

IMG_0154

内容紹介を引用しますと
「豊後森藩を脱藩した赤目小籐次は、江戸城中で他藩主から辱めを受けた主君・久留島通嘉の意趣返しをすべく、秘剣を操り大名行列を襲撃する。圧倒的迫力で贈る書き下ろし長編時代小説。 」

あまり秘剣だの秘技だのが乱舞する剣術ものは好きではないのですが、居眠り磐音シリーズの佐伯先生を信頼して読んでみると、流石の筆力で、登場人物たちは魅力があり、2巻以降は長屋で暮らし始めた小籐次を楽しく読むことができました。
主人公である小籐次が49歳なので、変わった風情はあるのですが、初老ならではの味がだせるのか、例えば剣客商売の秋山小兵衛のごとき味がでていくのか、これからが楽しみですので、以後のシリーズも読んでみようと思います。

ただ、居眠り磐音シリーズほど好きになれないだろう点があります。
引用の通りの主君の遺恨を晴らすのため、参勤交代をする大名行列から、大名行列の象徴であるヤリを奪い、最後には藩主らからの謝罪を引き出します。こう書くと痛快な話なんですが、結構正面から奪いにいくので、とうぜん邪魔するものや、追跡者がいて、小籐次はそれらをばっさばっさと切り殺すわけです。こうなるとオイオイという気持ちになります。そりゃ侮辱した藩主らも悪いけど、ばっさばっさ殺される人たちは別段悪人ってことはまったく無く、真面目な藩士たちでして、私としては「小籐次酷いー」っと思うわけです。
一巻で一応和解は済むのですが、二巻以降、襲った藩の遺族やらに襲われることが続くのですが、むしろ襲う側を応援したくなるのは自分だけなのかなって思います。こんなところが、小籐次を普通に楽しめないところです。続刊の中で、解決するといいんですけど。

面白いと思いますが、主人公がかなり高齢な点、無条件に賛成できない行動が気にならなければ、楽しめるシリーズだと思います。

このページのトップヘ