ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:榊涼介

ガンパレード・マーチ 2K 西海岸編3  榊涼介
IMG_1048
おもしろかった!

正直、西海岸編のこれまで2巻はもやもやっとした内容であまり面白くなくて、1,2巻とも同じ日に「魔法科高校」シリーズが出ていたこともあって、あとまわしにして観想を書くほどのこもともなかった。
その結果、この3巻も9日に買っていながら今日まで読んでなかったんだけど、 これは面白かった。


舞台は西海岸のシアトルと南のサンディエゴ。 
防衛ラインのサンディエゴが幻獣の大攻勢によって甚大な被害を受けたところからだったのですが、ここからの大逆襲がこの巻の魅力。
戦闘も多くて、その上シアトル軍上層部との交渉も戦場であるだけに緊迫感がある内容に。これまでは補助兵(ガンパレの学兵のようなもの) の人道的な取り扱いを求めるとか、抽象的な話が多かったのでそれに比べてすっきりしてる。

森が毎度のごとく、戦場はもうイヤだのかまってちゃんぶりを出してますが、速水の「とりあえず残ってよ」発言から皆が「とりあえず残って」と説得?(w) することで残留決定。「とりあえず」の適当ぶりが楽しい。
まぁ、日本という他国の視察団が戦闘するってのはおかしいのは確かなんですけどね。

銀狼との協同作戦、補助兵のミサイルラットとしての有効活用。シアトル軍最有力軍の参戦、幻獣との決戦などドンドン進む。戦闘に入ってからも、もう一巻続くのかなと思いましたが、さして厚くないこの一冊で終わりました。ダラダラと続いていかない点も非常によかったです。

まだ、この西海岸編は今回の後始末などでは1冊続きそうですが、今回が面白かったので、期待して待てます。楽しみです。 

ガンパレード・マーチ2k  新大陸編 4 榊涼介

烙印の紋章 12 杉原智則
IMG_0677
本日購入。明日は佐伯泰英の小説が二冊でるし、買いたい本が出るって幸せだなぁ。

烙印の紋章は現在序盤。表紙みたいな終わりの姿がみれたらいいなぁ。

以下、ガンパレ感想。3巻の感想はこちらhttp://yamanasi.doorblog.jp/archives/53760669.html
もしくは、右のタグからどうぞ。


概ね予想通りの展開でしたが、戦闘の連続でかなり面白かったです。


ジュディが人型戦車に乗るのは予想通りでしたが、彼女も芝村とは思わなかった。まぁ当人に芝村としての意識はないようですけど。あと、マッカートニーが敵方(幻獣側でなく政敵)でフェルナンデスが危機でした。この辺に捻りがあるとは予想しなかった。

面白くはあるのですが、毎度のパターンもあるので、お約束というか、マンネリというかは人それぞれ。整備班は屋台を始めるし、壬生屋は倒れます。
滝川はあいかわらず地味亀役ですが、なんと1号機張りにエクスカリバーを振るう場面が。ある意味ハイライト。以後つかわないのが残念。
5121の成長は読むごとにすすんでいくのですが、やってる内容はあまりかわらないのが残念なところ。

アメリカに潜む幻獣の王族についてはタッチされなかったのは残念というか、そこまで手出しできる話じゃないですな。もしかしたら以後関わってくるかもしれないけど、そうしたらジュディたちも再登場するのかな。まぁアメリカさんで進めていく話なような気がしますが。

あらすじにはシリーズ最終巻ってありますが、帯を見ると新大陸シリーズ最終巻とありますし、榊ガンパレシリーズはまだ続くのでしょう。しかし、これからどこにいくのだろうか。
最後の場面は日本ではなく、その前のシアトルでした。日本に帰る前に、シアトルでもう一幕あるのかな。

そういえばカーミラの出番がなかったなぁ。

ガンパレード・マーチ 2K 新大陸編3 榊涼介
信長協奏曲 7 石井あゆみ
IMG_0620
信長の感想はまた後でー。一言だけ言うと、帯に現在発売中のゲッサン9月号にこの巻の続きが載ってるってあるが、ゲッサンの発売日は明日11日だ。ちょっと探しちまったよ。

ガンパレードマーチはアメリカに渡って三巻目。自分的にちょっと期待はずれな内容。
戦闘戦闘の連続で、息もつかせず一気読みさせる勢いはありましたが、話的にはあまり進展せず、湖を通って、レイクサイドヒルの直前までたどり着いたところで終わりです。
そしてレイクサイドビルには5121を狙う幻獣の群れが待ち構えています。知性体がいる以上、5121を狙うのもうなずけますね。ただ、それを推理した浅井さんがちょっと精神的に弱そうであまり信じられてないのが悲しい。北海道シリーズだと、知的で余裕がある印象だったんですけどね。

さて、レイクサイドヒルには数え切れないほどの幻獣が終結。普通に戦っては勝ち目が無いように思えますがさてさてどうなるか、次の巻。
①百戦錬磨の5121はビクともしない。敵を全滅して町を開放する。
②唐突にシアトルから援軍が到着。助けを得られた5121はからくも町を開放する。
③町の研究所から秘密兵器の援軍が登場。二人の災禍を刈る災禍のもとで幻獣の殲滅に成功する。
④全滅する。現実は非情である。ガンバレードマーチ完。

あと、プラッターとフェルナンデスの会話も良かった。フェルナンデスが単純に5121に協力するだけの人間じゃなくて、隊を掌握した理性的な軍人としての姿が見れてよかった。
IMG_0621
表紙めくるといきなり1号機。光の加減で、初めは1号機とは思えなくて、アメリカ製の新兵器かと思った。

正直、この巻だけの展開じゃ不満なので、早いところ次の巻が読みたいです。

しかし、どうやって決着つけるのかさっぱり想像つきませんが、それも楽しみです。

ガンパレード・マーチ2k 新大陸編2 榊涼介
IMG_0485
まだまだ続く榊ガンパレ。表紙は本編じゃなさそうなポーズの組み合わせです。

とりあえず表紙を開くと、新キャラがカラーで紹介されてますが、

IMG_0486
所長で18歳ですか。
しかも浅井さん絡みのキャラ。もしかして「また」未成年をひっかけるんじゃないだろうな、浅井(落合)さん。なんて思ってしまった。さすがにそんなことは無くてよかったよかった。

本編は、負傷者の護衛任務が主で、人型戦車を狙った敵を撃退する場面もありました。共生派相手はやりづらいし、あまり派手な戦闘にはならないのが残念。。次の巻ではレイクサイドビルの救出作戦に入るようで、そこではなにやら名を轟かせる活躍をするようなので期待です。
それと、この巻の半分は、その幻獣に襲われたレイクサイドビルにいる浅井さんの話でしたが、こちらも一段落ついて、軍の救出待ちです。意外とこのシリーズは早く終わりそうな気配です。
ただ、アメリカは支配層にまでカーミラのような人型の幻獣がいることがこの巻で明らかになりましたが、そこまで話は進めるのか、決着はどうつけるのか気になります。

IMG_0487
一時期非常に荒かったイラストも、気になる絵もありましたが、頑張った絵もあったのでよかった。左は第二回くすぐり大王の時の絵ですが、この絵なら安心。

全体的に、1巻より戦場での描写が多く、前よりよかったです。長いシリーズですが、完結までがんばってほしいです。


新約・とある魔術の禁書目録 4 鎌池和馬
ガンパレード・マーチ2k 新大陸編 1 榊涼介
IMG_0396
今日はさらっと。

とある魔術は、そもそも3巻を途中読み。そっちから読んでいかないと。
旧シリーズ中盤、後半とも違って、今ひとつノリが薄いんだけど、どうしてなんだろうなぁ。

ガンパレは読了。感想は明日あげようかな。
イラストはもはや言及するのが悲しくなる出来です。
話はおもしろい。アメリカ側もいろいろな人がでてきますので、今後が楽しみです。
そういや、浅井さんは落合さんだったんですね。イラスト同じなのにすっかり気づかなかった。うーん。自分だけ?

このページのトップヘ