ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:森薫

乙嫁語り 6 森薫
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 大森藤ノ
ヴァルキリーワークス 3 逢空万太
IMG_1089
昨日購入~。

14日発売と15日発売予定なんだけど、あるもんだ。
まぁ、韮崎の宮脇書店にはないだろうな~って思って甲府までいきましたが。

今日は三連休最期の休み。まったり本読んで過ごします~。

待っていた本が買えて、ゆったり読んで過ごす。これも幸せですな。



乙嫁語り 5 森薫

IMG_0801
待ちに待った5巻を買ってきました。15日発売ですが、ビームコミックスはいつも早いので、今日買うことができました。

この巻の半分は、前巻からつづいてライラ、レイリの双子の結婚式です。
こうやって書くと一言で終わってしまいますが、1シーンごとの描き込みと伝わってくる楽しげな雰囲気がすごくいいです。
IMG_0802
後ろカバー。
食べ物食べてるライラとレイリの姿はカバー折り返しになってて、閉じた本では見えません。きっとこのあとお母さんに見つかって大目玉です
IMG_0803結婚式に向かう夫のサームとサーミ。
嫁の家に向かうシーンですが、この一枚だけでもすごい。結婚式の雰囲気というか、村中でお祝いする雰囲気がわかる。
IMG_0804
結婚式中、ずっと動けなくて我がままをいって抜け出した双子だけど、こんな笑顔みられるならどんな我がままでもいいよなぁ。すごい楽しそう。

IMG_0805
結婚式が終わった次の話はアミルの一日の話。
台詞はなく、ナレーションだけがあります。1P1コマで大きな絵で見れて、とても良い。
アミルの絵だけじゃなくて、アミルの姿が水面に反射しているところだけとか、ガゼルの群れの描写とか色々。
その絵の雰囲気や、意味を一枚の絵にこれだけ描ける人がこういう話を出されるともう負けだなーって気がします。森先生の24pは並みの24Pじゃないですほんと。

あと、今巻の出番はここだけのパリヤさんのお見合い話の続きも次の巻では進むそうです。早く読みたいなー。

掲載誌の「フェローズ」が来月から「ハルタ」に変わりますが、ほぼ月刊ということで、やっぱページ数は少なくなっちゃうのかな。
次もほんと楽しみなので、6巻の発売を心からお待ちしています。

乙嫁語り 4 森薫

たぶん、今月ベストな一冊「乙嫁語り」4巻です。とかいいつつ、当初作った購入予定には抜けてましたけど。見落としてましたw
IMG_0491

帯に第三の乙嫁はライラとレイリ、とあるように、3分の2くらいは彼女らの話になります。
この二人の話が面白すぎる。森薫先生の作品を読んだことがある人ならわかるように例えると、全編巻末おまけ漫画のノリで話が進みます。二人の表情がいつも変わって楽しいです。

IMG_0496
漁業が盛んな街の近くで溺れたスミスを助けてたのがライラとレイリの姉妹。いつも二人一緒でかしましいのですが、そんな二人もそろそろ婿が気になる年頃・・・。というのが今回の話です。

IMG_0497
まぁ、夢見がちな二人なので理想はとんでもなく高いです。そしてお金持ちを助けて婿をもらおうなんて考えてます。
ただ、行動力がありすぎて、「自分」で川に落として、「自分」で助けようなんてしようとするので、失敗した挙句、父親に怒られるのですが。

後半には、二人はそれぞれ幼馴染と一緒になることになり、互いのいい所を見つけあい、結婚式の直前まで話が進みます。
って、ここで続きは次巻ってのはひどすぎる。早く読みたいです。
IMG_0498
21話見開き表紙。
無茶苦茶美少女だと思いますが、やはり性格に問題があって、婿がなかったのだろうか・・・。


第一の乙嫁アミルさんも元気で綺麗です。
IMG_0493
この格好も、現代人からみても大胆ですけど、この当時からすれば、もっととんでもない格好なんでしょうね。
でもこれが自然体なアミルさん。
カルルク君とはラブラブですが、もっとアミルさんの内面を書いた話が読みたいなぁ。

あと、アミルさんの実家の方は勢力が弱まったせいで結構危機な模様。この話はまだ続きそうです。
この時期の中央アジアはロシアやらトルコやら大国がひしめいてきて大変ですね。

IMG_0494

乙嫁じゃないけど、パリヤさんも相変わらず。前巻で気に入られたので隣町の親子が家にきたのですが・・・、緊張して怒鳴ってしまいます。
でも、元気なところが気に入られたようで、落ち込むパリヤさんとは別に、親子は機嫌良く帰っていきました。この話もまだまだ続きそう。パリヤさんは好きなキャラなので、幸せになってほしいです。


双子の結婚式も見たいし、アミルさんの今も見たいし、パリヤさんが無事結婚できるのかも見たいし、とにかく続きが気になって仕方ない。
エマの初めから読んでいる自分ですが、乙嫁は初めから書き込みもすごくて、誰にでもお勧めできる作品。早く次の巻が読みたいです。

 ひさしぶりにメイドもたっぷりな、森薫先生の短編集「森薫拾遺集」を買いました。
IMG_0328
 全体の四分の一くらいはメイドさんが登場します。あと、後半は特典や販促で書いた一枚絵が収められてます。
 エマのイラストが多いので、乙嫁好きにはちょっと不満かも。


初期から比べると、当然ですが絵の上手くなり方がすごいです。エマ、シャーリーの頃と、最新のを比べると一目瞭然。書き込みがすごいです。

IMG_0329
エロでは決して無いのですが、色気がありますね。
和室で水着です。
IMG_0330
こちらもむっちり。
漫画とイラストが半々くらい、昔の作品もクオリティは充分です。森先生の楽しい掛け合いもいっぱいですし、お勧めの一冊です。






さて、金曜夜から東京に行こうかなっと思ってます。朝から築地市場、神保町、靖国、秋葉原などいけたらいいなぁ。

このページのトップヘ