ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:杉原智則

烙印の紋章 12 あかつきの空を竜は翔ける(下) 杉原智則
IMG_0680
シリーズ最終巻です。去年四月ごろから読み始めましたが、順調に刊行されて終わりを迎えられたのがよかったです。

感想としては、80%の満足と、20%のもやもやが残る感じです。

皇帝との決着は前巻の問答でついてましたので、VSアリオンの三国連合の戦いと帝都での政変の決着が主題でした。
アリオンとの戦いはめまぐるしいほど場面が変転し、攻守所を入れ替えましたが、オルバとカセリアの対決はオルバの貫禄勝ちといったところでしょうか。戦場を同じくした三人の皇子、王子、大公がアリオンへの危機意識を共有して以後の三国間の平和に繋がったため平穏が訪れたと思えばこの戦いにも意味があったのでしょう。

また、帝都では肉体をのっとられようとしたグールが自決し、それによって意図が崩壊した竜神教陣営が撤退したことによりオルバ側の勝利になりました。ただ、結局撤退した竜神教はそのままで決着がつかないし、どうなったかという話はエピローグにも出てきません。

そもそも前の巻に東の強国アリオスの王子なんてのが新キャラとしてでてきて、それがこの巻で決着するわけがないですね。のちの歴史でもライバルとなるという話だけですが、それはそれでよかったと思います。
ただ、やはり、こういった後がはっきり書かれない、解決されてない事項があまり多いと中途半端で、すっきりしないです。


・死んでいった人たち。
 カイン・・・老後の話なんかするから。死にフラグを立ててしまったキャラですが、予想通り死亡しました。彼の死は今後「オルバ」としての出番がなくなったということですね。
 グール・・・敵ではありましたが、決して悪逆ではなかった皇帝。前巻の冒頭の姿からもそうですが、オルバの未来の一つでもあるのでしょう。グールの妻がなくなったのと同じように、ビリーナが亡くなったら・・・、オルバも同じようになってしまうのかもしれません。
 オーバリー・ビラン・・・まぁ死ぬしかなかったキャラです。ビリーナに理解されて、少しは報われた終わりでした。てっきりイネーリあたりを巻き添えに死ぬかと思ってましたが、その妹のフローラを人質にする形に。そういえばフローラも物語後どうなったか話がないです。せっかく独り立ちの決意してたのに。
 

エピローグはその後の話を各キャラ少しづつ入っていますが、あまり決定的な未来の話はでてこなくて、これまたもやもや。
戦勝を収めたエンデのエリックの話では、「エンデを守り立てたとも、エンデが地上から消え去る原因の一端を作ったとも言われる」なんて言われてますが、エンデ公国は滅びるの?そこで話を切られてもなぁ。
また、リャリド(正直この地名覚えがないのですが)の話では、「歴史上、六度の対アリオン戦にて、二度、直接あいまみえたオルバとカセリアだが、リャリド王家に伝わる秘蔵の歴史書のみ「三度」相対したとなっている」とのことですが。で、なにが言いたいのかわからない。その一回にどんなことがあったのか、想像する欠片がないから意味がわからない。なにか本編に伏線があったかと思いましたが思い出せないので、なにやら意味深な言い様なのですが、よくわからん話です。
せめてオルバの正体を知っているイネーリとの対峙や、ビリーナとオルバの結婚の話などは載せられなかったのかなぁと思います。というか、オルバとビリーナの会話が最後しかない。ヒロインなのに・・・。

オルバが皇帝となり、三国と西方との関係を作ったと言う意味では物語はまとまっているのですが、以後の話をぼかしているうえに、ちょこちょこと情報を与えようとしているので、なんだかもやもやしてしまいました。


なにはともあれ、無事完結できてよかったです。もう一冊くらい外伝とか出してくれないかなぁ、などと思ったりしています。

ガンパレード・マーチ2k  新大陸編 4 榊涼介

烙印の紋章 12 杉原智則
IMG_0677
本日購入。明日は佐伯泰英の小説が二冊でるし、買いたい本が出るって幸せだなぁ。

烙印の紋章は現在序盤。表紙みたいな終わりの姿がみれたらいいなぁ。

以下、ガンパレ感想。3巻の感想はこちらhttp://yamanasi.doorblog.jp/archives/53760669.html
もしくは、右のタグからどうぞ。


概ね予想通りの展開でしたが、戦闘の連続でかなり面白かったです。


ジュディが人型戦車に乗るのは予想通りでしたが、彼女も芝村とは思わなかった。まぁ当人に芝村としての意識はないようですけど。あと、マッカートニーが敵方(幻獣側でなく政敵)でフェルナンデスが危機でした。この辺に捻りがあるとは予想しなかった。

面白くはあるのですが、毎度のパターンもあるので、お約束というか、マンネリというかは人それぞれ。整備班は屋台を始めるし、壬生屋は倒れます。
滝川はあいかわらず地味亀役ですが、なんと1号機張りにエクスカリバーを振るう場面が。ある意味ハイライト。以後つかわないのが残念。
5121の成長は読むごとにすすんでいくのですが、やってる内容はあまりかわらないのが残念なところ。

アメリカに潜む幻獣の王族についてはタッチされなかったのは残念というか、そこまで手出しできる話じゃないですな。もしかしたら以後関わってくるかもしれないけど、そうしたらジュディたちも再登場するのかな。まぁアメリカさんで進めていく話なような気がしますが。

あらすじにはシリーズ最終巻ってありますが、帯を見ると新大陸シリーズ最終巻とありますし、榊ガンパレシリーズはまだ続くのでしょう。しかし、これからどこにいくのだろうか。
最後の場面は日本ではなく、その前のシアトルでした。日本に帰る前に、シアトルでもう一幕あるのかな。

そういえばカーミラの出番がなかったなぁ。

いつのまにか日曜日が終わってしまった。とほほ・・・。
ようやく読み終わったので、自分なりの感想を。


烙印の紋章 11 あかつきの空を竜は翔ける(上) 杉原智則


というわけで、上下巻のうちの上巻になります。前巻で大国アリオンが参戦してくることとなり、三大国×アリオンの図式が描かれて、これからどう広がっていくだろうかと思いました。しかし、読了後にあとがきを読むと、なんと次の巻で完結とのこと。色々まとめないといけないところが多そうですが、どうなるのか気になります。

オルバは皇帝と対面する。偽の皇太子であるオルバがこの対面をどうのりきるか、私は、奴隷の焼印を消しておくとか、なにかしら策を用いて乗り切るのかとおもってましたが、予想外に気迫の正面突破。皇帝グールと相対して正面から自らを貫いて、皇帝に退かせました。
この場面がすごくよかった。以前のオルバなら、事前に策、あるいは小細工をしたんじゃないかな。そういう意味でオルバの成長がみれるような。また、内戦に勝利して皇帝となるのも一つですけど、群臣の見守る中、対面して勝利をする。こうした決着はよりすばらしいものだと思います。

そして、アリオンに対するエンデに、ガーベラ、メフィウス、西方諸国の援軍が集結。決戦という感じがでて面白くなってきました。。エンデのエリック公子が敵の罠にはまってそうで少し怖いですが・・・。次の巻ではうまく切り抜けてくれることを願います。

メフィウス国内の政争もまた、皇帝・皇太子の図式が、皇后・皇女の図式に代わってついに武力行使までされてしまいましたが、オルバ不在のまま、決着ついちゃうのかな。流石にエンデの戦と、同時に攻略するのは難しいとおもうんだけど・・・。皇女イネーリもがんばってきてるんで、このまま育って良キャラになって欲しいですね。なんかオーバリーあたりに殺されてしまいそうな予感もしますけど・・・。

そして王女ビリーナ。ガーベラをエンデ援助に動かすなど、この巻でも活躍しますが、最後にて監禁されてたライラに強引に会って、本物の皇太子が死んでいるはずのことを聞かされます。この後、どう行動するのか楽しみです。やっぱり銃を向けるぐらいはするだろうなぁ。
しかし、この王女はしないで欲しいと言われたことや、してはいけないと言われたことを必ず行うな。大筋で間違った行動はしてないと思うけど、身近にいる人からしたら堪らんな。これがヒロインでなかったら、とてつもなくうざいキャラになりそうだ。

さて、アリオン、竜神教、皇位継承問題、そしてビリーナとの関係。色々あるはずですが、完結まであと1巻。きっちり終わってくれることを信じて、発売を待ちます。できるだけ早くに読めることを祈って・・・。

紫乃先生〆切前! 1、2 王嶋環
こみっくすたじお 4 此ノ木よしる
ペルソナ×探偵NAOTO 間宮夏生
烙印の紋章 11 杉原智則

IMG_0539
ペルソナは始めの方だけ読みました。ゲームでもアニメでもでてこなかった、直人の水着姿があっさり出たのでおどろき。
明日には読みたいな。

烙印の紋章は現在2章。優先して読んでます。

こみっくすたじおは連載があっさり終わって、力がぬけてしまったのを覚えてます。もうちょっと続いてほしかった。
前に読んだ妄筆ハルシネーションよりは、主人公も成長してるし、話としていいとは思いますが。

紫乃先生は本屋で2巻を軽く読んだら面白かったので購入。
美人を自覚してる小説家な紫乃先生が、弟君を巻き込みながら担当さんとの関係を深めていきます。先生はいい性格をしてて、読んでいて楽しい。最終的にも大団円で、予想通りではありますが、よい終わり方でした。
あまり山谷がない話なので、のんびり読めます。紫乃先生が官能小説を書いてたり、盛り上がりそうな場面はあるんですけど、あっさり担当には見破られていたりさくっと話はまとまりました。

色々ありますが、順々に読んでいきます。
とはいいつつ、今日は借りてきたマリア様がみてる 1巻を読書中。なつかしいけど、やっぱりいいですね。読むのをやめてた後半のほうも借りてきたので、ひさびさに読んでいってみます。










先日買った烙印の紋章です。なんだかんだで遅れてしまいましたが、ようやく読了しました。
IMG_0267

 前巻から緊迫の展開が続いてますが、この巻も面白かったです。

 この巻では、サブタイトルにある「雌伏」というのとは少し違うと思いますが、主人公オルバは敵と対峙し、終盤まで状況が動くのを待つ姿勢をとっているので、周りのキャラたちの動きが主になっています。ゼノン王子、エリック公子らの成長やパーシルのオルバとの関わりなど、変わっていく姿がよかったです。
 これまでの展開は、三大国と西方にタウーリアだけだったのですが、さらに海の向こうの東方の大国アリオスがかかわってくるようで、ややこしいことこの上なくなってきます。3大国はそれぞれオルバの世代が力を付けてきており、彼らが協力し、アリオスに対抗するのではないかと思われるのですが、そんな想像を裏切る展開もまた読んでみたい。現状アリオスは強大な侵略国家としてしか現れてませんが、これでこの国まで深く掘り下げられたら、展開がさっぱりわからなくなりそうです。
 
 若手の台頭もよかったのですが、皇帝グールと忠臣シモンの関係も良かった。反乱者の妻子の処刑に対しておおやけに、シモンがただ諫死するだけなら、驚くことはないのですが、あくまで皇帝にだけわかるような形で死をかけて訴えるのが深い。冒頭から二人の若き時の姿が書かれているだけに印象的でした。また、それを受けたグールもただ頑迷な、力を求めるだけの男なら敵役として分かりやすかったのですが、それだけでないことが、この話を面白くさせてくれます。

 前巻から不穏な空気を出していたサラマンドが退場したところで、次の巻ではグールとの決戦でしょうか。大きなところではアリオスとの対決、竜神教の始末があると思うので順に片付けるとすればそろそろでしょう。ただ、この巻でも各地で話が進行して、それがそれぞれに影響を与えあっているように、「順に」片付けられない展開がこれからもあるでしょうし、どうなるのかまだまだ分からないですね。

 まだまだ波乱の展開が予想されますので、早く次の巻が待ち遠しいです。



このページのトップヘ