ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:感想

先日買った烙印の紋章です。なんだかんだで遅れてしまいましたが、ようやく読了しました。
IMG_0267

 前巻から緊迫の展開が続いてますが、この巻も面白かったです。

 この巻では、サブタイトルにある「雌伏」というのとは少し違うと思いますが、主人公オルバは敵と対峙し、終盤まで状況が動くのを待つ姿勢をとっているので、周りのキャラたちの動きが主になっています。ゼノン王子、エリック公子らの成長やパーシルのオルバとの関わりなど、変わっていく姿がよかったです。
 これまでの展開は、三大国と西方にタウーリアだけだったのですが、さらに海の向こうの東方の大国アリオスがかかわってくるようで、ややこしいことこの上なくなってきます。3大国はそれぞれオルバの世代が力を付けてきており、彼らが協力し、アリオスに対抗するのではないかと思われるのですが、そんな想像を裏切る展開もまた読んでみたい。現状アリオスは強大な侵略国家としてしか現れてませんが、これでこの国まで深く掘り下げられたら、展開がさっぱりわからなくなりそうです。
 
 若手の台頭もよかったのですが、皇帝グールと忠臣シモンの関係も良かった。反乱者の妻子の処刑に対しておおやけに、シモンがただ諫死するだけなら、驚くことはないのですが、あくまで皇帝にだけわかるような形で死をかけて訴えるのが深い。冒頭から二人の若き時の姿が書かれているだけに印象的でした。また、それを受けたグールもただ頑迷な、力を求めるだけの男なら敵役として分かりやすかったのですが、それだけでないことが、この話を面白くさせてくれます。

 前巻から不穏な空気を出していたサラマンドが退場したところで、次の巻ではグールとの決戦でしょうか。大きなところではアリオスとの対決、竜神教の始末があると思うので順に片付けるとすればそろそろでしょう。ただ、この巻でも各地で話が進行して、それがそれぞれに影響を与えあっているように、「順に」片付けられない展開がこれからもあるでしょうし、どうなるのかまだまだ分からないですね。

 まだまだ波乱の展開が予想されますので、早く次の巻が待ち遠しいです。




今日は最近の本じゃないけど、本棚から好きな本を。

素ッ裸の幸せ。 作者 槻城ゆう子 バーズコミックスから1998年発売です。
表紙は素っ裸ですが、H系じゃぜんぜんないです。

IMG_0014フリーターの主人公の家に夜中怒鳴り込んだ年上の美女、須磨子。実は別れた男の住む隣の部屋と間違えただけでしたが、酔って寝てしまった彼女を泊めた主人公は、なぜか須磨子と付き合うことに。

という始まりですが、フリーターの主人公が美人の須磨子と釣りあってるか悩んだり、甘甘だったり、やっぱり悩んですれ違ったりというカップルの話が続き、残念ながら一巻で終了となっています。

大作ではないので、大きな声で薦めることはできないんですが、主人公のヘタレっぷりが妙に親近感が沸いたり、ラブラブっぷりがニヤニヤされたりと引っ越しても処分せずに持ってきた好きな本です。

残念ながら作者様はイラストレーション系の仕事が中心で、今は漫画は書かれてない?ようですので、続きが読めないのは残念です。

ホームページ見ましたが、今の絵柄は大分違ってますので、今書いたら雰囲気がかなり違うようなw 吉岡平の風邪引きエスパーのイラストも描いてました。こっちのほうが知名度は高いかもしれません。





IMG_0015ヒロイン須磨子。主人公にはとっては「高め」で振り回されることが多いのですが、やがてこんな顔を見せるようになり、ラブラブな場面が増えてきます。











風のケアル 作者三浦真奈美 C・NOVELSファンタジア 全5巻
デルフィニア戦記が有名なC・NOVELSファンタジアの初期に出た作品なので、ラノベ好きには知っている人も結構いるのではないかと思います。
IMG_0016

舞台は5領主の治める島々。翼と呼ばれるグライダー?に近い装備を使って風を受けて飛ぶことが好きな主人公の話です。
領主の三男坊と、その親友を中心とした話で、二人の成長が描かれています。やがて二人は別れ、主人公は領主に親友は海賊になるのですが、最後には別の形で結びつくことになります。

自分はのし上がり系の話が好きで、好みにばっちり合ってます。主人公は初め力を発揮できる場面はなかったですが、中盤から器の広さを認められていく姿はわくわくします。
自分が好きなのは、領内に不穏な事態が起こりかけた際、責任の所在を取りざたする部下を抑え、責任の問題より事態の収拾を指揮し解決する場面で、広い視野と成長した指導力が見れた名場面でした。

青年主人公の成長していく話が好きなら是非一読してほしいです。こちらは地方図書館でも借りられると思います。

作者の次の作品の女王陛下の薔薇シリーズも英国風歴史世界と女性主人公のストーリーが面白いです。こちらもお勧め。

ただ、次のアグラファシリーズはまんま古代ローマの話ばかりで、ちょうどローマ人の物語を読んでいたため、どこかで見た展開や道具がでてくるばかりで、がっかりしました。
また、次の翼は碧空を翔けてシリーズは全3巻と、駆け足で進んでいき、今ひとつ盛り上がりを感じられなかった中終わってしまったのが残念。
次のシリーズに期待したいのですが、残念ながらその後作品がでていません。
どなたか消息をご存知ないでしょうか。是非知りたいです・・・。


今日は新刊ではなく、ちょっと前の本を本棚から出してみました。どちらも好きな作者です。同好の士が他にもいることを思いながら失礼します。

本屋に行くと、予定外の読みたい本や、予定に入れ忘れた本がでてくるんで本がどんどん増えてしまいますね。
あとアキバblogなんか見ると読みたくなるのもあるので。そろそろ部屋に本棚がもう一個欲しい状態になってきました。

今月追加購入の品々と、簡単な感想

白泉社
14歳の恋 1
水谷フーカ
楽園は毎号買ってます。好きなのは絵のモデルの話と、14歳の・・・恋?。裏表紙の下の絵もいいです。見てない方は是非一見を。

エンターブレイン
ヒナまつり
大武政夫
アキバblogに載ってたんで。おもしろい。買ってよかったです。フェローズは1号以来読んでないので、知りませんでした。次巻は11月らしいので待ち遠しい。成功してるヤクザなはずの新田のまきこまれてのオタオタっぷりがいいです。

集英社
白衣のカノジョ
日坂水柯
レンズのむこうと、めがねのひとも持ってます。とりあえずメガネメガネ。白衣の下になにも着ないプレイ希望です。

秋田書店
セーラー服と重戦車 7
野上武志
いつのまにか出てました。どうも買う気が少なかったのですが、惰性で。戦車萌えな素質はないので、あまりマジに戦闘されてもノリが悪いです。会長やパイパーたちとの楽しい話のが好きかな。あと、ブラジル水着ぐらいはっちゃけたのをもう一度みたいです。

文藝春秋
独り群せず
北方謙三
既読ですが、図書館で前巻にあたる杖下に死すを読んだあと、間をおかずに購入。渋く、濃い。説明できる言葉が少なく申し訳ないです。派手さはないですが、杖下に死すから是非読んで欲しい作品です。

ソフトバンククリエイティブ
乙女はお姉さまに恋してる2 窓越しの異邦人
嵩夜あや
ほぼ原作通りの内容+といった内容。ノベライズオリジナル展開とは流石に難しいでしょうか。・・・?誰ルートの話をするんだろう。やはり薫子かな。嵩夜さんはこれからどこで活動するのか、気になります。
ちなみに、ノベライズというカテゴリーで言えば、最近の良作は、コードギアスシリーズと戦国ランスシリーズ。原作の展開+さまざまな裏情報いっぱいと、良シナリオのオリジナル展開。どちらも原作を知っていて、なお楽しめる作品でした。

シュタインズゲート
まだプレイ中です。ゆっくりプレイします。


さて、今日のうちになんとか更新。いつもぎりぎりか、オーバーしてます。
今日はコメントを初めてもらえたのでうれしかったです。ありがとうございます。
特に山梨の方、いらっしゃいましたら、是非是非お声がけください。
それでは。

メルルのアトリエをようやくクリアしましたので感想です。

感想はネタバレを含みますのでご了承ください。


大満足できました。アーランドシリーズの最終作として、旧作を生かした設定とキャラクターたちは岸田メル氏のイラストとあわせて、ポイントを抑えた良キャラクターばかりでした。
トトリのアトリエが面白かったひとは、是非買うべきだと思います。逆にシリーズを初めてやる人にはお勧めできないと思います。ロロナのアトリエはシステム的に未熟なので進めませんが、トトリのアトリエをプレイしてからの方が断然おもしろいと思います。
難易度はかなり低いと思います。一年目の目標は慣れずに無駄に時間を使いすぎると厳しいかもしれませんが、それ以後は一週目からさくさく進められます。普通じゃ倒せないような敵も居ますが、無視しても問題ないので。
今回、依頼の期日がないので、旧作に比べてかなり余裕です。一年後に達成しても喜ばれるという、変な仕様のおかげで難易度はさらに下がってます。
システム的にはトトリのアトリエと同等のものですので、問題はありません。一つだけ言えば、調合の素材を選ぶとき、特性から検索できればよかったです。必要な特性をいちいち一つづつ見て探すのは面倒でした。


好きなポイントはたくさんあります。
・トトリ先生がかわいすぎます。各種イベントではしっかりした先生だけどちょっと変で、戦闘の時のチムA/Nとちむコールエンドは必見です。
・OPはシリーズキャラ大出演の豪華仕様。できたら本編でもこのシーンがほしかった。EDもシリーズの最終作にふさわしいリズムがよく、それでいてしっとりとした歌で、最後に主人公三人が礼をするところはじわっとくるものがありました。
・開拓というシステムも、増える建物とその効果のおかげでどんどん便利になっていくので、うまいこと表現できてると思います。
・戦闘も工夫をすればするだけ楽になっていきますので、やりがいがあります。いかにいい素材で武器・道具を作るか頭の使いどころです。
などなど、きりがないのでこの辺で。


次に個人的な意見ですが、マイナスポイントを。
・開拓して国を大きくする目的が比較的容易に進められるためもあるのですが、トトリのアトリエが母親を探すという目的に向かって進めていったのに比べると、少し目標がみえにくくて見失いがちでした。
・一部EDが不満です。人気者エンドではミミ・トトリの仲がそれぞれメルルを優先するようになっちゃってますし、プレゼントイベントはなんだったんだという感じ。ライアスでもファナでもエスティでもいいと思うのですが。
魔女エンドはアストリッドが酷すぎる。記憶あるようなのが幸いですが、自分の趣味だけで人を14歳にして、自分まで若返ってその中に入るってのは気持ち悪かったです。ロロナ登場時に思ったけど、ロロナの両親やクーデリカに何されても文句いえないと思いますが。今作でアストリッドの評価がかなり下がりましたよ。
・ロロナのアトリエからか、せめてトトリのアトリエをやっていないと登場キャラクターが旧作の登場人物だらけなので、面白さが半減します。一応、ダイジェストはついています。



以上。不満点もありますが、かなりの良作でした。アーランドシリーズがこれで終わってしまうのが残念ですが、今後のアトリエシリーズにも期待ができる作品です。イラストは、また岸田メル氏がいいけど、やっぱり交代するんでしょうね。
個人的にはトトリのアトリエの方が評価が高いですが、もはやすきずきと思います。プレステ3もってるRPG派なら是非プレイしてほしいです。

下にオープニング・エンディングテーマのムービーを貼っておきます。エンディング自体にネタバレはないので、ご安心ください。シリーズ締めくくりの雰囲気がすごく好きです。

感想はネタばれありなのでご了承ください。

シコルスキーは幻獣ってことをばらさないほうが、よほど厄介だったんじゃないだろうか。ロシア軍は分裂しまくるし、自衛軍は慣れた幻獣戦に移行してよほど戦いやすそうだ。
戦争全体としてはこれまでのノウハウを徹底的に生かして、榴弾等を集中したエリアを構築+トーチカからの射撃で幻獣を狩りまくる。さらに5121は罠を張ってのこのこ待っていたシコルスキーと戦闘し、勝利。幻獣は戦意を喪失して日本大勝利でした。途中に中国人が暴動を起こしましたけど無事北海道は日本に戻りましたとさ、一件落着。、

姿の見えない敵が一番恐ろしいというわけで、シコルスキーは本性だしてみると、登場人物みんなに侮られまくりでしたし、樺山も登場してみるとただの陰謀爺という感じで怖さがないのが残念。

謎だった北海道ともども北を攻略、南は同盟を維持、東の海はカーミラが抑えるとなるとあとは西のユーラシア方面、中国朝鮮あたりからの襲来でしょうか。つぎは五島列島の野間集落へ行くらしいので、そのあたりがかかれるのかもしれません。

人体実験や精神操作、5121の蓄積した心の傷など今ひとつ明るい雰囲気がでなかったこのシリーズでしたが、温泉につかってのんびりしてほしいです。


☆ 壬生屋  四時間、人型戦車のりっぱなしとは大丈夫だったんでしょうか。お疲れ様です。最後の神威との戦いも含めて一番の活躍だったでした。

★ デーモン 5121のみならず善行の指揮のもと、酷い扱いで路上放置されるのが役目になりました。ご愁傷様です。

流石にここまで続くと、安定した面白さと、マンネリな部分が混ぜこぜになってきました。ここは新たな展開を次巻ガンパレードマーチ2K 5121暗殺に期待しています。


ガンパレード・マーチ2K北海道独立 4 (電撃文庫 J 17-34)
著者:榊 涼介
アスキー・メディアワークス(2011-07-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

このページのトップヘ