ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:小説感想

まだまだ続くよガンパレはー♪ ということで、ファンブックを含めると34冊目になる榊ガンパレです。なぜか裏表紙折り返しの一覧には「あんたがたどこさ」が載ってないのですが、著作リストには載ってます。どういう扱いなんだろう。
感想はネタバレを含みますのでご了承ください。

ガンパレード・マーチ2K 5121暗殺 榊涼介
IMG_0075

帯に載っていますが、2Kシリーズはこれで終了とのことです。
北海道の反乱鎮圧とともに、樺山は倒れましたが、まだ財閥系には裏組織があるようで、この巻ではそれらとその手先が暗躍します。5121の面々が襲われましたが、最終的に、逆襲して首謀者を捕らえることができました。そういう話はそろそろいいなぁ、ってのが感想。裏の権力とか、これ以上でてくるなよー。大原首相に任せておいてくれ。こんなときに内輪もめできるあたり、理解不能というか、はてまた現実に即してるんでしょうか。

アメリカ東海岸に幻獣が上陸したので、次の巻はそちらの話になる模様。流石に5121が出張するのが無理がありそう。さて、どんな話になるのか。2kシリーズは内乱やら謀略ばかりだったので、展開に対して爽快感が無かったので、気分よく読めるのがいいな。

つくづく思いますが、ユーラシア大陸を圧倒的に占領した幻獣に対して、日本の一部やアメリカはなんでこんなに自分たちなら勝てる。なんて気でいるのかが謎で仕方ないです。内紛起こしてる場合じゃないだろうに。この世界のアメリカの力なんてのも次の巻では見たいです。


逆襲の刻シリーズあたりまでは幻獣対日本という感じでしたが、2Kは北海道だけでなく、その背後の世界にまで話が広がりましたね。もう完全に榊ワールドができてる感じです。もうこのまま世界全てと、幻獣問題に対して榊ガンパレ独自で決着を着けていってください。





本屋の開店を待って、ガンパレと烙印の二冊買ってきました。俺妹が9巻でてましたが、あのシリーズ読んでないんですよね。こんど暇があったら挑戦してみようかな。
IMG_0074
「烙印の紋章 9巻」 杉原智則
待ちに待った新刊。
初めに、ビリーナに全て話すのではないかと思いましたが、結局それはないまま。何処かで話さなくては、バレた時大変なような。
この巻ではオルバはギルとしての姿で動いてるいるシーンばかりでした。もうオルバとしての出番は無いのかな、っと思えます。ギルとして敵中突撃を行ってますし、オルバの存在意義が減ってきてるような。オルバ本人のなかで、オルバとしての意識、ギルとしての役割はどう決着を付けていくんだろう。

帝国軍との戦闘は、勝利するだろうことは当然予想できているものの、敵のフォルカーも魅力あるところを見せて、満足のできる戦争シーンでした。オルバも成長しましたし。ただ勝利するだけでなく、オルバが将としての覚悟を決めたのがベストシーンでした。

3将軍はこのまま退場させるのが惜しいですね。どうやって敵だったものを味方にしていくか、見ものです。ウォルトはあっさり次巻じゃ皇太子軍に入りそうにみえますけどw
皇帝の他にも、オルバの周りに敵が多いのも気になります。ライラ、オーバリー、イネーリ、そしてガルダ。どんな始末をつけていくのか、早くも次の巻が待ち遠しいです。


・・・まさか最後にあんなことになるとは。オルバとギルの潤滑油のような存在だった彼がいなくなったあと、どうなるのか。オルバがオルバとしての顔を見せる機会がこのあと減ってしまうのではないかと心配してしまいます。

ギリアムじゃ役者不足だしなぁ。オルバが成長して事足りていってしまうのか。それも様々なキャラの魅力を見たい身としては残念ですしね。



さて、ちょっと出かけたら、次はガンパレ読もう。毎日これだけ読みたい本が出ればいいのになぁ。

 感想はネタバレを含みますのでご了承ください。

 手に取った瞬間思ったことは「薄っ!」
 内容は期待とは違ってちょっと残念でした。

 日常ラブコメ編ってことだったんですが、実際は、設定説明編という感じでした。
 レイヴィニアによって、魔術やら第三次大戦を説明するのが前半でした。、一方通行、浜面には必要でしたが、上条や読者にとっては、既知の情報が多くて今更。折々にそれぞれ陣営の女の子が乱入してきましたが、煽り文に書かれるほど盛り上がった話にはならずにそれぞれ数ページで退場してくので、息抜き程度にしかならず、もうちょっとページ割いて話がほしかったです。。
 その中でいえば、日常パートは浜面組が最高。テレパシー受け取るは、フレメアに嫉妬するわ、滝壷がヤンデレ化しそうな勢いで爆笑です。カラーイラストからして笑えました。
 後半、三人の協力によって学園都市の危機が救われますので、そこが見所かな。敵はものたりないですが、三人が協力してってのがポイントですね。新約では今後もこんなシーンがでてくるのかな。

 あと、神裂が久しぶりに活躍。というか、勝利。これまで、かませかませな扱いだったと思いますが、大活躍でした。ジーンズで宇宙は流石にないだろと思いますがw

 あとがきで、作者本人が言ってましたが、第一作では出せない内容。魔術の説明や既知のことの叙述が多くて、新約の一巻がこんな内容だったら次は立ち読みに切り替えたかもしれないってくらいですね。とりあえず3巻を早く出してくれ。

 わくわく期待してた内容とは違って肩透かし。3巻からの展開のために、登場キャラの立場確認のための巻だったなというのが感想です。


 あ、美琴が動いたラストの展開がよかった、今後の出番も保障されましたね。インなんとかさんはいいんで、美琴の出番を増やしてほしいなぁ。

コミックと小説は大洋社で調べられるのですけど、ハードカバーの発売日がわかりやすいwebサイトはないでしょうか。
というわけで、本屋に行ったらいつのまにか売っていた北方謙三 「史記 武帝紀」の五巻です。

衛青らが去り、武帝の華々しかった時代も終わりを遂げようとしています。この巻では漢は匈奴に押されっぱなしで、力関係はすっかり衛青登場前に戻ってしまってます。
戦場シーンはいくつかありますが、李広利が総大将じゃ、漢にいいところはありません。

この巻をまとめると、
・李陵の七難八苦
・匈奴のハッピーライフ
・蘇武の北国サバイバル生活
・武帝の老耄、司馬遷の受難
ってところかなぁ。

李陵はいろいろ酷い目にあったけど、友はできるし、部下も新しくできるし匈奴と生活してるところの方が幸せそうだ。若い奥さんもらったしな。それにあわせて、匈奴が苦難を乗り越え大変いいムード。トトらの登場シーンは正直漢の話よりよほどさわやかで良いムードです。

武帝は人材も育てられず酷い状況に。やっぱ独裁者(=統治者=皇帝)が40年以上も変わらないと腐っていってしまうんでしょうか。必要なのは政権交代!?w でも、この人皇太子殺しちゃうんですよね。
武帝は統治後半がなければ名君で終われたと思うんですけどね。まぁそんな状態なんで、あまりスキッとした場面はありません。そろそろ武帝紀も終わりでしょうね。そのあとも期待したいです。

このページのトップヘ