ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:小説

 新シリーズいよいよ開幕。
 というわけで、魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦の感想です。
 
 キエサルヒマよりヴァンパイア化を求めた集団が大陸に渡航し、それを追って牙の塔のマヨールらも渡航してくる。その中で、カーロッタの所在がしれなくなり、オーフェンらは探るためにヴァンパイアと戦い勝利。しかし、捕らえたヴァンパイアが融合し、結果、魔術学校に壊滅的被害が与えられました。新シリーズ一巻から不穏な始まりですね。

 登場キャラを追っていくと、とりあえずマヨールがんばれって感じですね。
・妹がヴァンパイア化を求めて原大陸に渡る。
・塔の使節として大陸に向かうも難航。
・独自に追いかけようとするも、いきなり失敗。
 最後にようやく探索の旅の始まりと、やたら苦労の多そうな道のりが早々に見られて、今後のシリーズにも期待がもてます。マヨールの「はぐれ旅」がこの新シリーズの鍵になるのでしょうか。戦力的には魔王術を満足に使えない時点で、かなり厳しそうですが。

 オーフェンも多事多難。無謀編の頃からは想像できないほど真面目に取り組んでいた魔術学校が壊滅して、これからしがらみを捨てて、彼もまた旅にでるのでしょうね。無料冊子は2巻だけ読んでますのでそんな話が載ってました。
 この巻を通じてままならない状況だけが、出てきてしまってますね。エッジらが感じたように、どうしたって敗北が見えてくる状況はこれまでにないほど不穏な空気を感じます。新世代のキャラクターたちが風穴を開けてくれるといいんですけど。
 
 オーフェンの家族たちもかなり活躍。エッジとラッツベインが同調することで、かなり強力な魔術師になることが判明。マジク直属の立場を得て、今後も活躍しそうです。ところでラチェットは何者?なんか底がしれないというか、裏設定があるんでしょうか。でもやる気がなさそうなんで、あんまりストーリーには絡まないのかなぁ。クリーオウも台詞付で登場してヴァンパイアを撃退する大活躍。やたら楽勝でびっくり。あの毒はもっと研究して武器にしたらヴァンパイアへの対抗措置になるんじゃない?

 新刊は予想より早く、新春にはでるらしいので非常に楽しみ。

IMG_0208
カラーイラスト
この巻でオーフェンは旅にでるのかと思いました。後姿も年をとったもんです。

誰が得するのかっていう本の感想シリーズ第二弾

李嗣源 仁木英之
IMG_0131
唐末に晋を建国する李克用の養子となり、のちに後唐の2代目となる、李嗣源の小説です。
五代十国なんてニッチな所(失礼)の小説が出ていたことに気づかず、先日知って読了いたしました。
実は大学ではこの時代の南方に位置する呉、南唐について研究していたので、喜びとともに手にしたところです。

「李嗣源」と言われてどれだけの人がわかるだろうか。五代の二番目の王朝、後唐の二代目で先帝の混乱を収め平穏を保ったため、名君といわれますが、即位期間は約7年。しかもその3年後に後唐が滅びてしまうあたり、本当に名君といえるのか、それとも五代という時代がそれだけ厳しかったのか難しいところです。

また、李嗣源がとても地味で黙々と任務を果たすタイプなので、あまり主人公っぽくはありません。上巻は、拾った少女とのロマンスなどがありますが、下巻は結ばれたはずの少女の出番は最後の最後の方までさっぱりありませんし、それどころか50ページ以上、李嗣源自身の出番が無かったりします。

ですから、李嗣源の小説というより、李嗣源の生きた時代の小説と見たほうが正しいです。場面も周りの十国にポンポンとびますし。既刊に「朱温」というのがでてますが、これが李嗣源より少し前の人なので、おそらく、続けて読めば唐末からの流れが小説で読めそうです。今度読んでみます。

残念なところを上げれば
・あまり主人公としての活躍が無い。名将って言われてますけど、作品中華々しい勝利のシーンとかの記憶がない。青年期に15年一気に話が進むので、中年を飛ばして、いきなり初老になります。
・主語が変わってるのに書いてなかったりする文章があって読みづらい。
・場面転換が急だったりする。また、十国の話が色々入ってきます。五代十国という時代をみるにはいいのですが、李嗣源の活躍を増やしたほうが小説的には面白いと思う。例えば、楚と南漢の戦争の描写なんかはほんとにいるのかと思う。

五代十国のシリーズはまだまだ続くようなので、次にも期待してます。









昨日作ったカレー。
昨日と今日と明日は朝晩カレーがご飯かな。

IMG_0127

TOブックスは取り扱いが少ないのが、三件目の本屋で購入できました。

魔術師オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端
IMG_0106

懐かしいシリーズが帰ってきた。そんな気持ちで読み始めました。
オーフェンペディアを見ていたので、大体内容はわかってましたが、大変楽しみでした。
無謀編のキャラとの再会など、もっと絡むところがあると思ってましたが、そこは意外と何も無く、新大陸開拓に向けて、協力していました。ちょっと残念。
作品中は基本的に真面目な展開なので、しかたないかもしれません。コギーは相変わらず暴走しかけるところもありましたが、ちゃんと成長をしているようです。しかも、旦那持ち。うーん。なんかちょっと残念な気が・・・。

エド(コルゴン)ってこんなキャラだったかと、改めて発見。大陸を救う目標が挫けた彼は、刺客としてオーフェンに再度対峙します。そして、覚悟の違いでオーフェンに再び敗北してしまいました。
オーフェンは前作の最終巻のノリをそのまま持っているのか、真摯に開拓計画を進めていきます。大人になったもんだと思いつつも、もっとはっちゃけた所がみたかった。まぁそうするには強すぎる人間になっちゃいましたけどね。

IMG_0107

カラーイラスト。
やたら童顔だったコギーが一番成長しているように見えます。
全員の名前はなんとかわかりましたが、キースのちょっとつまらなそうな顔が気になります。土人二人はイラストには出ていますが、本編では最後にちょっとだけ出番があるだけです。基本路線がシリアスなので、彼らがでるとどうしてもコメディになってしまいますものね。

新シリーズへの期待が持てる一冊でした。来月の「約束の地で」、そしてその次の「原大陸開戦」も非常に楽しみです。

本屋に行くと、予定外の読みたい本や、予定に入れ忘れた本がでてくるんで本がどんどん増えてしまいますね。
あとアキバblogなんか見ると読みたくなるのもあるので。そろそろ部屋に本棚がもう一個欲しい状態になってきました。

今月追加購入の品々と、簡単な感想

白泉社
14歳の恋 1
水谷フーカ
楽園は毎号買ってます。好きなのは絵のモデルの話と、14歳の・・・恋?。裏表紙の下の絵もいいです。見てない方は是非一見を。

エンターブレイン
ヒナまつり
大武政夫
アキバblogに載ってたんで。おもしろい。買ってよかったです。フェローズは1号以来読んでないので、知りませんでした。次巻は11月らしいので待ち遠しい。成功してるヤクザなはずの新田のまきこまれてのオタオタっぷりがいいです。

集英社
白衣のカノジョ
日坂水柯
レンズのむこうと、めがねのひとも持ってます。とりあえずメガネメガネ。白衣の下になにも着ないプレイ希望です。

秋田書店
セーラー服と重戦車 7
野上武志
いつのまにか出てました。どうも買う気が少なかったのですが、惰性で。戦車萌えな素質はないので、あまりマジに戦闘されてもノリが悪いです。会長やパイパーたちとの楽しい話のが好きかな。あと、ブラジル水着ぐらいはっちゃけたのをもう一度みたいです。

文藝春秋
独り群せず
北方謙三
既読ですが、図書館で前巻にあたる杖下に死すを読んだあと、間をおかずに購入。渋く、濃い。説明できる言葉が少なく申し訳ないです。派手さはないですが、杖下に死すから是非読んで欲しい作品です。

ソフトバンククリエイティブ
乙女はお姉さまに恋してる2 窓越しの異邦人
嵩夜あや
ほぼ原作通りの内容+といった内容。ノベライズオリジナル展開とは流石に難しいでしょうか。・・・?誰ルートの話をするんだろう。やはり薫子かな。嵩夜さんはこれからどこで活動するのか、気になります。
ちなみに、ノベライズというカテゴリーで言えば、最近の良作は、コードギアスシリーズと戦国ランスシリーズ。原作の展開+さまざまな裏情報いっぱいと、良シナリオのオリジナル展開。どちらも原作を知っていて、なお楽しめる作品でした。

シュタインズゲート
まだプレイ中です。ゆっくりプレイします。


さて、今日のうちになんとか更新。いつもぎりぎりか、オーバーしてます。
今日はコメントを初めてもらえたのでうれしかったです。ありがとうございます。
特に山梨の方、いらっしゃいましたら、是非是非お声がけください。
それでは。

このページのトップヘ