ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:ナポレオン

FF14、毎回スムーズにログインできてるなんて言った日にログイン制限にひっかかりました。7時の段階でログイン制限ってヒドイよなぁ。社会人全滅じゃないですか。ま、ここ数日毎日してましたし、ちょっと休憩です。

ナポレオン 覇道進撃 5 長谷川哲也
IMG_1002
ネルソンは表紙。獅子の時代からナポレオンと因縁のあったネルソンが歴史的な勝利を得るトラファルガーの戦いがありますので納得のセレクト。

トラファルガーの戦い直前のネルソン。
IMG_1006
この戦いの最中、銃弾が当たり、死んでしまいますが、だからこそだれも手をだせない英雄となりました。
この巻の最期の話は、トラファルガーの戦い後にナポレオンがそれを覆す勝利を求める決意をする話と、イギリス海軍がナポレオン戦争後に軍縮をした結果、トラファルガーで戦った兵士たちが落ちぶれて哀れなことにになったという話。
戦後の話などは直接ナポレオンに関わりはないのに、イギリス海軍のその後まで描写されるあたり、これもネルソンだからこそでしょうか。

IMG_1003
話はトラファルガー前に戻って、イギリスが対仏同盟を結んだことを知って怒りのナポレオン(ピットはイギリス首相)。
以前のナポレオンは色々な表情をだしてたんですが、前巻で皇帝となったあとのナポレオンは怖い顔ばっかり。ロベスピエールのサングラスが余計怖い。
IMG_1004
しかし直後、怒りを抑えて開戦したオーストリアに向けて元帥たちに指令を下して、一斉に出陣させます。7つの元帥たちの軍団、総計22万5千人の兵士が一斉にオーストリアに襲い掛かり、オーストリアの前線都市ウルムをあっという間に包囲しました。
IMG_1005
そして降伏勧告に訪れるベルティエ。ウルムに入っていたマック将軍の軍が逃げないようにパリでクーデターが起こっているなど偽の情報をばら撒き、狙い通り全軍まとめて包囲した末の降伏勧告。

すげー顔w これまでベルティエはおもろい顔のおじさんな場面が多かったのに、このしてやったりな邪悪な顔が強烈すぎ。ナポレオン軍がどんどん人相わるくなっていってしまうw
IMG_1008
こちらは、お怒りのダヴーさん。
この人が怖い顔なのは初めからw
間諜はともかく殺人鬼が出てきたらさすがに兵士もビビッても仕方ないですよw

この巻の構成は、イギリス対岸のブローニュの森に結集しているフランス軍がオーストリア開戦と同時に大規模な侵攻を成功させるウルムの戦いの流れと、フランス艦隊がネルソン率いる英国艦隊に大敗するトラファルガーの戦い。それにまぎれてビクトルがまた兵士になってスパイと間違われる話などが入ってました。
この戦いで敵はオーストリアだけでなく、プロシア、ロシアの参戦を招き、アウステリッツの戦いへ繋がっていきます。
おそらく次の巻ではいよいよ「獅子の時代」1巻で描写されたアウステリッツの戦いが再度長谷川先生の手で描かれることに。一度描かれた戦争がもう一度描かれるというのもめずらしいですが、これまでの長い連載の末にどれだけ凄みをまして描かれるのか、非常に楽しみです。

ナポレオン 覇道進撃 4 長谷川哲也
IMG_0848
覇道進撃の4巻になります。表紙は戴冠式のナポレオン

この巻も前巻に引き続いて、フランス国内の内政もしくは内紛に関わってくる政治の話になってます。
革命で排除された王党派、そして敵対国であるイギリスにとってもナポレオン一人を倒せば状況が好転する時期。クーデター、反乱、暗殺などなど様々な手を用いてきます。しかし、逆にそれらの動きがナポレオンに象徴されるフランスの平和を失わせる恐れを民衆に抱かせて、ナポレオンへの権力の集中、世襲制による安定への期待になっていくのは皮肉な動きです。

まぁ難しい政治の話(といっても、漫画ではかなり簡略されますが)は置いておいても、この巻も「男」の出番がたっぷりです。

パン職人になったにも関わらず、有能でダイナミックな活躍をするスルト。IMG_0849
(炎の中に飛び込むスルト。)

忠実であり汚れ仕事もこなす自分をナポレオンの犬であると言いつつも、誰よりも有能に働くダヴーと彼を理解するネイ。IMG_0850
(王族殺しの任務をネイから引き継ぐダヴー。ネイにはこういう任務は向かない。でもダヴーだって平気なわけじゃない。それがわかるネイはこの後ダウーを釣りに誘います)
収録最終話では、そうそうたるナポレオンの元帥たちがそろい、イギリス戦に向けて準備が始まります。

この巻の内容はそれぞれ
カドゥーダルの陰謀(スルトの活躍)
アンギャン公の銃殺
フランス皇帝戴冠式
帝国元帥発表と対イギリス戦の準備
と言ったところでしょうか。

IMG_0851(王族アンギャン公の銃殺。王族殺しは今の時代からは考えられないほどの衝撃なんでしょうね。)

IMG_0852

(今にも残るナポレオンの戴冠式の絵。ナポレオン自身でなく、皇妃に冠を授ける絵が、ナポレオンの目指す「与える者」としての姿を描いていて絶賛を受けます。)

なんとも男くさく。そして面白い漫画です。続きが早く読みたいですわ。




・・・そういえば男くさいと言えば、真逆のような「アイゼンファウスト」はどうなったんだろう・・・

ナポレオン 覇道進撃 3 長谷川哲也
IMG_0658
ナポレオン新シリーズもすでに三巻。

前巻でイタリアの激戦マレンゴの戦いを勝利で終わらせたフランスはつかの間の平和を迎えます。そして、この巻では、ナポレオンの功績の大きなところ、フランスの内政改革を起こします。
実際、ヨーロッパ中を征服したナポレオンは偉大ですが、今の世界中の法律にも通じるナポレオン法典を作るなど、フランス革命を終えたフランスの内政をまとめ上げた功績はとてつもないです。

ローマ教会との和解、学校教育の充実、レジオン・ドヌール勲章の制定(現在もフランスの最高の勲章)、民法典の製作などなど、内政を整えるとともに、のちの皇帝位への布石を打っていきました。

また、これまで登場していなかったナポレオン時代の元帥の残りも登場してきてて、元帥同士のかかわりも多かった。

この巻で目立った軍人をいくつかチョイス。
表紙のタルに寝てるのが元帥中一番人気のネイ将軍。親がタル職人らしく、タルを見かけるとその中で寝るんだそうな。
死後もアメリカで生きてるという話が出てくるほど、非常に人気のある人物。
IMG_0653これもネイ将軍。怖い。
IMG_0651オージュロー。服に金はかけないけど、乳毛は大切。愛妻家です。

IMG_0652ランヌ。前の巻から蝋燭を頭に装備するのがデフォに。戦場というか、怪談に出てきそうです。
IMG_0654ダヴー。このときは軍内部の警察を率いてて、共和派のベルナドットを見張っていますが、なにもしてなくても泣きが入りそうなほど怖いです。
IMG_0655
ミュラ。とスタール夫人。まともな人間はいないのか・・・。
IMG_0657パン屋。もとい「ヨーロッパで最も優れた戦術家」と言われたスルト。後のフランス大元帥。大元帥は歴史上6人しかいないそうです。でも今はパン屋。タル職人の息子やらパン屋やら、いろんな前身をもってるのも革命時代の軍人らしくて面白いです。


長谷川先生の濃いキャラがどんどん登場するので面白いです。おそらく次の巻はまた戦争が始まりますが、それも含めて次の巻が楽しみです。

信長協奏曲 6 石井あゆみ
ナポレオン 覇道進撃 2 長谷川哲也
酔いどれ小籐次留書 祝言日和 佐伯泰英
鬼平犯科帳 52 さいとう・たかを

IMG_0327
 信長協奏曲は、現代人のサブローが過去にいくという点はよくある話ですが、別に未来の知識を使うわけじゃなくて、サブロー自身の性格でなんだかんだ、成し遂げていくのがいいです。
 物語は姉川の戦いが終わり、浅井・朝倉との戦いもいよいよ終結が近そうです。
 せっかく協力してくれていたミッチーが、ちょっと怪しげな雰囲気を出してきた気がします。注目ですね。

 ナポレオンは、マレンゴの戦いが中心。
 ナポレオン1巻のアウステリッツの戦いは、戦争芸術という言葉通り、綺麗な、そして完璧な戦いで面白かったですが、こちらはまさに激戦という言葉がふさわしい戦い。
 エジプト遠征での描写が少なかったので、ドゼーの最大の、そして最後の見せ場。この漫画の登場人物はかっこいいにも程がありますね。これだけ続いても、毎巻楽しんで読んでます。

小籐次は、なんか安定しすぎて面白みがないwまぁ、月々新刊が読めるのはうれしいのですが。

鬼平はコンビニで読んでた内容の収録だったのが残念。全部読んだことのある話だったので、特に感想はありません。

このページのトップヘ