ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:ナナとカオル

ナナとカオル 12 甘詰留太
ナナとカオル ぴんくぴゅあ ももせたまみ


IMG_1103
ぴんくぴゅあは4コマ漫画集。ちょこちょこと見かけてましたが、それが一冊にまとまったものです。
ところで表紙左側の金髪巨乳女性はだれかと思ったけど、会長のお姉さんでした。裏表のあるあの人の表の顔だと、逆にだれだか判らなかったw

中表紙からして、ナナとカオルはエロい・・・。
以前からプロポーションはとんでもなかったけど、表情がどんどんエロくなっていってる気がするなぁ。
IMG_1105

そして、どういうシチュエーションなんだか、これは。
カオルがご主人様って感じだけど、ナナの妄想ってシチュかなぁ。ナナの胸を踏みつけたりとかはしたけど、裸の胸とかはみたことないんだよね。そうなるとホントにラブコメだしな。この距離感がいいのかな。

前巻の終わりから、クレープを買いにノーパンで家を出てしまったナナ。ノーパンで行く「息抜き」と勘違いしてそのまま出かけてしまったので、涼子とカオルがその後を追いかけていってます。


いいなー。ノーパン。いいなー。いいなー。


SMといっても、鞭とか縛りとかはあまりクルものがなくて、こういうノーパンとか、同じ縛りでも吊るんじゃなくて、縛ってる上に普段着とかそういうシチュエーションが大好きです。
そのうえ、女性側の気持ちとかが表現されるので、漫画とか小説だといいんですよねー。映像とかだと、わざとらしい演技にならざるをえないし。
というわけで、人が横を通ったり、風が吹くだけでスカートを押さえるナナはここまで11巻の中でも最高にエロい。
そして、目当てのクレープ屋の前が急な階段になってて、男たちが下から覗いているのがわかっているのにドキドキしながらもその階段を登りにいくナナがエロすぎる。見られちゃいけないのに、行ってしまうのですね。大分調教されてきてますw


・・・なんかやたら語ってるな。そんなにノーパンが好きか自分w
IMG_1106
涼子の先輩のお陰でクレープ屋についたナナですが、追いかけてきた涼子に会い、カオルが追ってきてくれていることを確信して丘からナナを探します。・・・ノーパンでw

色々危ない姿です。
ナナとカオルの二人で通じ合ってる感はもう付き合っちゃえよというレベルなんですが、あと一歩が足りないんですよねー。

結局追いかけてきてくれたカオルに階段上から顔面騎乗して気絶させちゃいましたが、ちょっとだけナナは素直になって、綺麗にまとめることができました。

IMG_1107
↑ お前らもう付き合っちゃえよの図。イチャイチャしすぎやー。




他は、エロDVDを捨てられた会長とカオルたち馬鹿三人組が結束する話と、親に捨てられてしまった首輪と新しい首輪の話です。首輪の話は次巻に続きますー。


岳飛伝 北方謙三
俺の後輩がこんなに可愛いわけがない いけださくら
ナナとカオル black label 2 甘詰留太

IMG_0507
取り急ぎ簡単な更新だけ。
土曜は、温泉施設塊泉にいって、フロにはいって、そのまま泊まり。朝方漫画喫茶いって、藤枝梅安の未読分を読みつつネトゲ。そして遊んで帰ってきました。
そして明日は月曜日・・・。もう一日休みが欲しい。


岳飛伝は、水滸伝、楊令伝に続く北方謙三先生の水滸伝シリーズ第三弾。1巻だけにいろいろ期待したいのですが、これだけ続いているし、前作にて主人公が暗殺されて終わっているだけに、これからどうなっていくんだろう、っていう盛り上がる気持ちに欠けるところがマイナス。
色々変わっていってるキャラもいるんですけどね、本の雰囲気的に明るい盛り上がりにかけます。

俺の後輩は、俺妹のスピンアウト。絵もいいし、黒猫の一人称で楽しいより、せつなさそうな雰囲気があっていいです。京介兄さんはかなりモテモテ。

ナナとカオルは、ヤングアニマル嵐に連載のブラックレーベルシリーズの二巻。通常シリーズに比べてやっぱり濃い。この濃厚さが楽しめるかがポイントですね。自分は通常シリーズのほうがいいかなぁ^^
限定版で同人誌つき。ほぼ倍額になりますが、その価値はある特典でした。限定版がお勧めです。


さて、今日は眠いのでこれだけで。次は、もうちょっと感想を気合入れて書きます。

ナナとカオル 8 甘詰留太
世界の果てで愛ましょう 6 武田すん
IMG_0470
世界の果てで愛ましょうは、終わりがそろそろ見えてきたかな。
涼馬はもう女でも問題なさそうな。普通に女子更衣室で着替えてるし。最後はデレてほしいなぁ。

ナナとカオルはラバースーツを着た所から。正直、ラバースーツの姿は特殊すぎて好きではないんですが、目隠し、耳栓をしたナナをいたぶるっていうのは興奮します。

そして動けないナナの乳を
IMG_0471
揉む!
IMG_0472
踏む!

でも、踏まれたナナじゃなくてカオルが傷ついてるんですよね。動けないナナじゃなくて、ほんとの等身大のナナと一緒に居たい自分に気づいてしまって。SMなんだけど、純愛です。
そのあと、隠れるために、一緒に布団に入ったり。
IMG_0474
股間の位置がエロい。


IMG_0476
続いての、陸上大会篇でのナナと館の対決は、なぜかつぎの「息抜き」をかけての勝負に。次巻に続きます。


IMG_0475
陸上篇の表紙はさらにエロいです。
ユニフォームも薄くて大胆だし、陸上大会篇はどこ見てもいい絵です。

館が、同じ学校の人とは仲良くなれないけど、カオルと一緒の時だけ楽しそうになるのもいいですね。
館はカオルの気持ちにもナナの気持ちにも気づいてしまってますけど、それでも食い込んでいくバイタリティが素直じゃない二人を動かしていて、とてもいい展開になってます。

今日は会社の旅行で軽井沢まで。長いことバスに乗ってて疲れました。
マツタケ食べれたので良かった。あれだけ本格的にマツタケを食べたのは初めてでした。焼きに刺身に吸い物にてんぷらにすき焼きにも入ってましたし、マツタケ尽くしでした。

ナナとカオル 7 甘詰留太
ハッピーネガティブマリッジ 2 甘詰留太

IMG_0166
甘詰留太先生の絵は以前のアバラが見えるようなタイプより今の方が好き。単に巨乳系のが好きなだけですが。今でも見えることは見えますしね。

以下、ナナとカオルの感想です。
ハッピーネガティブマリッジはちょっとあとで。同じく独身の身として、痛くて読むのに時間がかかるのです(汗


前巻からのアナル編は終了。すごい状況すぎる。←座薬いれてるだけです。

IMG_0168
そしてちょっと甘い展開。

IMG_0169
そして全身拘束へ。ここまで行くと見て楽しいプレイじゃあいなぁ。ブラックの方もですが、あまり本格的なSMプレイになるとちょっと引く。
この方向性じゃちょっとこまるけど、次回予告みるかぎり、そうじゃなさそう。よかった。
IMG_0171
カオルの臆病さともどかしさが好きです。

このページのトップヘ