ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:デンキ街の本屋さん

聖☆お兄さんが8月に延期しててがっかりしたけど、グラゼニとジャイキリが発売するのを忘れてたから、結局予定より一冊多く漫画を買えたよ!

グラゼニ 11 アダチケイジ
ジャイアントキリング 28 ツジトモ
デンキ街の本屋さん 5 水あさと
IMG_0979
グラゼニはストーブリーグのお話。
でも、これはこれで凄くおもしろい。もともと野球シーンだけでなく、それに絡む人それぞれの話が面白いわけで、そういった意味で11巻は面白いところが詰まってる?
契約更改やトレード、戦力外通告を受けた選手やメジャー帰りの選手などなどのお話です。
そういえば、先日知ったんですが、プロ野球選手の年棒は、選手は個人事業者 ってことで消費税が掛かるそうですね。5%が10%になったら1000万の年棒だと100万払わないといけないのか・・・、デカイなぁ。

ジャイアントキリングは椿一色の28巻。オリンピック代表チームに選ばれた 椿がチームを動かして活躍しました。
いいなー椿。プレイ一つでチームを盛り上げる中心になれる選手になってきました。あとは得点かなぁ。連載中のリーグ戦のイメージだと、今ひとつ得点が少ない気がする。ズバッと数字も出してほしいなぁ。

デンキ街の本屋さんは、表紙の先生が夏コミの熱気でスケスケだー。
でも、そろそろお話が終わってしまいそうな雰囲気?
ひおたんも、先生もふがちゃんも自分の気持ちに正直になってきたかな。 そこからあぶれてしまう人もいるけど、そんなキャラもいいことあるといいな。あともうちょっと本屋っぽい話が入ってるといいかも。次の巻にも期待しています。

デンキ街の本屋さん 4  水あさと

ジャイアントキリング 26 ツジトモ

ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 2 竿尾悟
WxY 2 マドカマチコ
IMG_0821
4冊購入。
ちょっと時間がないので、感想は抜きで^^

どれも面白かったです!

デンキ街の本屋さん 3 水あさと
謎の彼女X 9 植芝理一
IMG_0629
やっと今月後半の漫画ラッシュが始まった。これから欲しいのが続々でるのがうれしい。

デンキ街はいつのまにやらもう3巻。
今巻は主に先生の出番が多い。あんまりイベントがない、うみ×ひおたんと比べて完全にこの巻はうみ×先生が中心の絡みばかりでした。
それにしても先生の女子力の低さには笑える。おまけ漫画は先生が給湯室でシャワーしたりコンビニのおしぼりで体拭いたり、次の日同じ服と下着つけたりと女子力がいかに低いかというドキュメンタリー風。一番笑えました。
物語はカントクのモトカノが出てきたり、今のカントクの好きな人が判明したり、それをひおたんが聞いてしまったり、結構進展しそうな感じです。もしかしてそろそろ終わっちゃうのかな。

・・・パンツ漫画を紹介するのにいちいち頭に「(自分は)あまり詳しくないですけど」ってつけるうみの気持ちがわかってしまって苦笑w


謎の彼女はもう9巻。1巻から読んでますが、長く続いたもんです。
この巻は1話を除いて続きの話で、この巻では終わらず、10巻までつながっていきます。
1話目は風邪を引いた卜部の看病の話。というか、卜部が裸Yシャツを着る話。
これは裸Yシャツ友の会(http://www.hada-y.com/)のSSを全部読んだ自分への挑発だろうか・・・。しかもただのYシャツじゃなくて、主人公椿がさっきまで着てたYシャツってのがポイント高い。卜部の照れてる顔もかわいいです。
残りは続きの話です。文化祭の映画研究会の出し物にでることになった椿と卜部。「謎の彼女Y」という自分たちと同じ、よだれを通じてつながりを持つ彼氏彼女の話。複雑ですよね。しかも彼女役は卜部じゃなくて以前登場した諏訪野さん。
よだれで繋がった絆を劇のなかとはいえ、自分たち以外でやらなくてはいけなくて、ヤキモキしたり、信頼しあったり、色々なことが起きます。
卜部は謎な彼女だけど、こういったことには純粋なんで、椿といっしょに成長していく感じがいいです。


しかし、映画研究会の監督は、卜部と椿のことなにか知ってるのかな。よだれのこととか、ずばり一緒すぎる。卜部の不思議っぷりも何かわかったりしてくるのかな。なんて考えるのは穿ちすぎでしょうか。


さて、簡単な感想ですけどこんなところでー。眠くなってきたw
あと、昨日のアキバblogの記事ですが、
左橋レンヤ 「恥じらいBody」 ショートカットの弓道少女は...ボクの女(モノ)
これみたとき、「ショートカット」「弓道部員」ときたら「篠原いずみ」しか思い浮かばなかった自分は年寄りでしょうか。どのキャラもエンディングが良かったと思いますが、神田川だったりして仲睦まじくて一番良かったと思います。
ちなみに同級生2のヒロインは「篠原いずみ」「舞島可憐」「南川洋子」あたりがよかったです。懐かしいなぁw

うう・・・眠い。最近は眠くなるのが早くなりました。年かな。

デンキ街の本屋さん 2 水あさと
ジャイアントキリング 23 ツジトモ
IMG_0466
ジャイアントキリングはモーニングのほうで読んでるので、新しい場面はなし。
普通に面白いので感想が掻きにくい。
サッカーにしろ野球にしろ、年に同じ相手と何度も戦うわけで、それをどう面白く読ませるかが、腕の見せ所ですね。
キャラが立ってるだけに、成長する選手、チームが楽しみです。

デンキ街の本屋さんは今日発売なのを忘れてた。
相変わらず真っ赤な顔の女の子がかわいいです。あと、ダッハブルが出てこなかったのが残念。
ところで、
IMG_0467
このキャラってなんでしたっけ。読み返してみたら、1巻の途中にもちょろちょろといるんだけど、特に話もないし。これは・・・そういうネタなのかな?

あっさり目だけどこれで終わりますー。ね、眠い・・・。

 25日発売の本だけど、都内で祝日前にフラゲ報告あるのにぜんぜん売ってないー。と思ったら流石のアニメイトで買えたので購入報告。
 
 魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦 秋田禎信
 僕は友達が少ない ゆにばーす 平坂読他
 デンキ街の本屋さん 水あさと
IMG_0202
 オーフェンは読了したので、明日にでも感想あげます。
 デンキ街の本屋さんはアキバblogに載っててってのもありますが、作者の同人誌を先日読んだのでその流れで。女の子の照れた時のいろいろな表情がすごくいいので恋話の展開になるのが一番好きです。
 僕は友達が少ないゆにばーすはまだ読んでないのであとで。




IMG_0201
夕食の鍋。
 リベンジでタラを買って、今度は醤油系の鍋にしました。しいたけ、ネギ、つみれ、にんじん。あと、きりたんぽを買ってみていれてみました。なかなか美味。きりたんぽ入れればあとでご飯とかもいらなくなりますね。

 ただ、食後にwikiで「きりたんぽ」を見てみると・・・
「基本的に鶏ベースのキリっとした醤油スープ。具材については邪道とされるものがいくつかあり甘味と水分が多く出る白菜、風味が変わってしまう魚肉(竹輪などの練りもの)、匂いが変わるニンジン、風味が変わるシイタケは入れない。基本はゴボウ、鶏肉、マイタケ、ネギ、たんぽ、セリの6種である」
 タラ・・・ニンジン・・・シイタケ・・・。全部入ってるw ま、まぁ気にしない気にしない。おいしかったですよ。









このページのトップヘ