ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

タグ:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

乙嫁語り 6 森薫
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 大森藤ノ
ヴァルキリーワークス 3 逢空万太
IMG_1089
昨日購入~。

14日発売と15日発売予定なんだけど、あるもんだ。
まぁ、韮崎の宮脇書店にはないだろうな~って思って甲府までいきましたが。

今日は三連休最期の休み。まったり本読んで過ごします~。

待っていた本が買えて、ゆったり読んで過ごす。これも幸せですな。



ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 4 限定版 大森藤ノ
IMG_1078
3巻で因縁のミノタウロスを倒したところからのお話の4巻。
レベルアップ後の騒動や、新しい仲間とその事情。そして中層に挑むところで話は終わりました。

あまりダンジョン探索は進まずに、レベルアップ後の新スキルを試したり、仲間と一緒にダンジョンにもぐったりとそんな感じ。中休みっぽくてこれもいいですね。
それに4巻は短編が2作、限定版なので冊子にも1作入っていて、そういったサイドストーリーも楽しめる無いようになってます。

表紙右側の人物が人相悪いですけど、新しい仲間の鍛冶師ヴェルフ。魔剣を生み出せる一族ですが、魔剣嫌い。やがてはベルのために魔剣を造ってくれるのかな。

 レベルアップした者の二つ名をつける会議が神様たちの間で行われるのですが、神様たちのノリが完全に現代日本の悪乗りした野郎のようなメンタルなんで、中2病ネームをつけて遊ぶ会になっててひどいw 
ベルもその餌食なりそうでしたが無難な名前「リトル・ルーキー」が付いてよかったです。ほかは「暁の聖竜騎士」「絶影」「美尾嵐手(ビオランテ)」とかだから、読者的にはそんな名前が付かないでよかったw。

 いよいよweb連載分を完全に越えて、新しいストーリーが始まるので、楽しみです。
ただ、3巻が4月だったかな。それで4巻が12月。1月にはアイズを主人公にした外伝がでるのですが、そうなると次の本編がいつなのかが気になります。早く続きが読みたいです。 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 限定版 大森藤ノ
IMG_0933
第一部完。と言ってもweb版のストックはまだありますし、まだまだ出るようなので安心ですということで、序盤の見せ場で一区切りといったところ。

この巻は前半の山場、因縁の相手、ミノタウロスとの戦闘です。これまでの戦い、訓練、スキルを全部布石に使って1対1の勝負。
最期の、ファイアボルト、ファイアボルト、ファイアボルトォ!の連打がかっこいいです。

ほぼweb版と同じ展開ですが、アイズとの特訓が入ったりして終盤の戦闘に厚みを持たせてきてます。特にボコボコにされて耐久が鍛えられたのは、
ミノタウロスの攻撃→瀕死のはずがなぜか主人公補正で立ち上がる。
というような謎展開ではなくて、ちゃんと殴られて耐久が鍛えられて助かったという裏づけができたのでよかったです。

アイズはベルが気にかかるようですが、まだまだ甘い話は無くて、少しの謝罪の気持ちや急速なレベルアップの秘密が気になるという程度。ミノタウロス戦の姿を見せてなにか変わるかな。レベル1のベルにはレベル6のアイズが遠すぎますけどね。早く成長しないとね。

話に関わってくるかはわかりませんが、ベルの祖父は神様っぽいですね。となると、ベルは神様クォーター?ヘスティア様と結ばれるフラグかもw

まだweb版の既読分に追いついていませんが、早く続きがみたいなぁ。うまく行けば5巻ぐらいからは新規になるのでは?期待です。


車を修理にだしたら、デジカメ乗せたまま工場に送っちゃった・・・。というわけで画像はなしです。

麻雀小僧 6 押川雲太郎
女子アナでもいーですか? 2 ポン貴花田
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  2 大森藤ノ
魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣 秋田禎信

麻雀小僧は連載を毎回みてるので、改めて特に感想はなし。なんか毎度こんな感じな気がするw
女子アナでもいーですか?は、1巻を読んでないけど、なんとなく買ってみた。なんか、これまでの先生の作品より、等身が高いというか体格がすごい良くなってる気がするけど、気のせいかな?内容はいつもどおり、エロコメで安心して読めます。

ダンまちは、ほぼネットで読んだ内容と同じなので感想が難しい・・・。面白いのはかわらないですよ。お勧めです。でも、多少変わったところや追加されたところはあるのですが、流れが一緒ですしね。次はおそらくweb版序盤のクライマックス、ミノタウロス戦になるとおもうので、とても期待しています。

オーフェンは前巻から引き続いてすごいよかった。マギー3姉妹が全員でるわ、サルアもでるしなつかしのキャラがいっぱい。マジクとコンスタンスの会話は、仲のよさなどはまったくなくて、こんな風な仲になっちゃうのかと思うと、寂しくなっちゃいましたけどね。メッチェンやイザベラというキャラが居なくなってしまったことは残念ですが、過去作のキャラが未だ健在というのはうれしいです。
マヨールやラチェットらはローグタウンのキエサルヒマ内部で、世界図塔をなんとかしようと奮闘。盛り上がってます。彼も立派に主役です。
しかし、マジクの魔王術の代償は魔術が使えなくなることなのか・・・。20日以上も使えないとなると、これから物語終了までマジクは戦闘が無理?その強さのわりに不遇だなぁマジク。
次はいよいよ最終巻のよう。皆が笑ってエンディングというのは展開として難しいのか。でも未来を目指したいい終わりになるよう願っています。

このページのトップヘ