ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

カテゴリ:ゲーム感想

一週目クリアしましたので感想です。

女性主人公ばかりでしたので、たまにはということでロジーを主人公にプレイしてみました。こちらの方がシリアスってことでしたが、そうでも無かったような・・・。


とりあえず一言で表現しますと、
ヌルい!


サクサク話が進むというのならいいんですが、サクサク終わるのは上司に4ヶ月に一回出される課題だけで、ストーリー自体は非常にゆっくり進みます。前述の課題は期限が4ヶ月ですが、2ヶ月ぐらいで完了してしまって、あとは調合をやってるかレベル上げで時間を潰すかをしてるので、退屈な時間が続きます。

そのストーリーも、一年目、二年目はチュートリアルというか、舞台の黄昏の大地の状況を体験していくという感じで、終わりを迎えた時代の雰囲気を味わうといったところで、仲間と仲良くなったりはしますが、大きな目標がないのでただプレイしてる感じ。(アーシャなら妹を助ける、メルルなら国を発展させるという話がありましたが)
アトリエシリーズを初作品のマリーのアトリエからやってきたってこともありますが、エンディングまで非常に楽に行けました。最終年は全キャラエンド条件みたしても6ヶ月以上期間が余ってしまったし・・・。

エスカ編もクリアすることで真エンドが出るそうなんですが、おかげであまりやる気がでない。これまでだと、一週目で整えた装備で二週目をテンポ良く進めて、見れなかったイベントを見たり様々なエンドが見れたりしたものですが、1週目で真エンド以外は見れてしまいましたし二週目の楽しみが今ひとつないなぁ。


操作周りや戦闘はとても良かったです。爆弾などのアイテムが回数製&アトリエに戻ると復活するため、ガンガンアイテムを使っていけました。終盤のボス戦はいかに攻撃アイテムを強化して使えるかが鍵でした。使うと無くなるシステムだとどうしても躊躇してしまいますが、今回は雑魚戦でもガンガン使っていけて快適な戦闘。
一つだけ難をいうと、前衛後衛の交代システムがあるのですが、敵の攻撃をサポート防御するシステムを使うと、庇うために移動するので、位置関係がばらばらになってしまって、変えたい前衛と後衛の組合せができなくなってしまったことでしょうか。


前作とのつながりは、共通の世界というのと数人の共通のキャラ。それとこっそり縁者がいるくらい。お話的には前作の話はこんなことがあった、くらいですし、戦闘に使えるのはリンカだけで前作との絡みは少ないです。初めての人でも楽しめる。でも前作プレーヤーには物足りない。そんな感じ。
リンカがモンスターや「指名手配犯」を追いかける仕事をしてるなんて話があったときは、指名手配されてるアーシャと会うイベントがあるんじゃないかと期待したんだけどな~。


錬金はやっぱり楽しかったです。前半にがんばって強力な爆弾をつくったり、最後には武器に効果を重ねまくって一撃で敵を殲滅したりと、突き詰めていくと楽しいシステム。あたらしい錬金システムも良好でした。


全体の感想を得点にすると、70点かな。良好なシステムで快適にできるけど、ストーリーに盛り上がりがなくて前作からのつながりを楽しめるポイントも少なくて期待はずれな部分も多かった。
課題をもうちょっと出来るか出来ないかのラインにして、イベントを増やしてくれたら難度も上がって2週目も楽しめる良ゲームになった気がします。据え置きのアトリエシリーズに期待を大きくしすぎてしまったかもしれませんが、もうちょっとがんばって欲しかった作品でした。

人はなぜ、やりたいゲームが出たからVITAを買ったというと、モンピースやってるのと聞いてくるのだろう・・・。


無事クリアーしました。まだ最期の隠しダンジョンが残ってるけど、あんまりそういうのは興味ないんで、暇があったらやります。
基本、隠しダンジョンとかあまり興味がないんだよなぁ。本編のストーリーとつながりがあれば別ですが。とんでもないインフレしてたりしてきりが無いですし。昔のタクティクスオウガの死者の迷宮とかよくやってたもんだ自分。

最終戦は二回目でクリア。初回は沸いてくる敵を地道に倒してたらデモンが順に死んでいってしまって、耐え切れなくなってしまった。反省して二回目は火力でどんどん本体を攻撃。マルスの暴走攻撃がいい具合にはいって、こんどはあっさりクリアできました。

デモンゲイザー 超集中→ユピテルベイン
パラディン ディポーション
サムライ 修羅表式
ヒーラー ホーリーシールド
ウィザード ファストキャスト→マルチ(回避or命中up)もしくはファストキャスト→クアッドボルト
基本的にはこんな感じで、折々回復でした。マルスの暴走の火力がいいですが、マルスが死んだらクロノスで行ってました。


これをやるためにvita買ったようなものですが、面白くて満足ですわ。新しいシステムがあるわけでは無いですが、バランスが良くて、さくさく進められます。

キャラクターもそれぞれ結構イベントがあって、飽きませんでした。結構途中退場しちゃうキャラがいるので、その分は残念ですが、イベント的に考えるとよかったです。

インターフェイスも良好。オートセーブがあったらな、というのとアイテム所持数が100までなので、篭もれずにいちいち戻らなくてはいけないのが面倒。システム的に宿に戻るとイベントがあったりするので、必要かもしれませんが稼ぎ中なんかには面倒でしたね。

vitaもってるなら、是非やって損はないゲームでした。さて、あとはペルソナ4GをやったらVITAにやるものがw とりあえずこれからパスチャ3始めまー。

ランスクエストマグナム、ようやくクリアー。
発売から1年は経つなぁ。これまでならランスをここまで放置ってのはありえなかったんだけど、ランスクエストクリア→PCデータ飛ぶ→マグナム発売、って流れで引き継ぐセーブデータが無かったんでやってませんでした。
ようやく最近、気合を入れてプレイしなおしまして、マグナム部分も含めて全部クリアしました。
ランス・クエスト_20130118_162533
最初から、こっちで出しておけよ、って内容でしたわ。ランスクエストじゃすっきりしなかったところも(クルックーやAL教、魔人の出番やカオスの扱いなんか)、全部解決してようやくランスクエスト全体が終わった気がします。以前、クエストの感想で終盤の失速が激しいと書いてたんですが、マグナムのほうは、魔人戦があったりと悪くなかったです。
感想 ランス・クエスト
http://yamanasi.doorblog.jp/archives/52842564.html


先にマグナムの感想なんかを他の人に聞いたりしましたが、これは完全版商法いわれてもしかたないw

1番のお気に入りは志津香。
もともと好きなキャラで、マグナムではイベントが大幅に増えたし、クリスタルロッドを取って、高速詠唱をつけてからの無双っぷりは凄まじかった。


それでは。ぱすチャ3もしっかり予約しましたので、あちらも楽しみにしています。

無事クリアしました。いくつか外伝は残ってますが、まぁそこまでやる気はないので。

難易度ハード・クラシックモードでプレイ。


全体的に非常に良い出来でした。
システムは不足なく、スムーズですし、アニメーションも滑らか。攻撃→反撃→攻撃といった流れが綺麗ですし、それ以外の場合でも非常に自然につながってよかったです。
ストーリーはほぼ王道。ファイアーエムブレムってそういうもんですしね。昔、あまりの王道ぷり、主人公が理想家すぎるところをいやに思ったこともありますが、これはこれで良いですね。
マルスの存在もいい意味でミスリードされまして、想像と外れてこれはよかったです。

キャラは濃すぎず薄すぎず。子供世代のキャラの方がキャラが立ってたように思えます。
下は親世代、子供世代の代表キャラ。

IMG_0509ドニは良成長(成長率20%アップ)が良すぎです。なにも手をかけずとも、数値がカンストする勢い。死ぬ心配がない。
ノワールは電光石火(二回行動)はないですが、あまりいない弓系キャラの中では良キャラ。流星を継承してがんばりました。

ほかはクロム、ルキナ、スミア、チキ、マイユニットあたりが強いですね。スミアは電光石火をとってから、ジェネラルにするとかなり堅くなりました。

本編よりも外伝のほうがかなり難易度が高く、やりがいがありましたので、やりこんでいくと時間がかかります。
DLマップはかなり便利なので、繰り返しプレイすると難易度が下がりますので、お勧めできません。

雰囲気的には、聖戦やティアリング、ベルウィックなどとは違い、初期シリーズのような雰囲気をもったものです。DSリメイクのファイアーエムブレムが正直、つまらなかったですが、こちらはかなり満足できました。お勧めできる一本でした。

無事クリアできましたので、感想を上げます。ネタバレ含みますので、ご了承ください。

 序盤の盛り上がりと、終盤の失速感が対照的な5年ぶりのランスシリーズ。

 付属の冊子みると、戦国ランスは2006年なんですね。もっと最近な気がしてました。それだけ良作だったってことでしょうか。
 プレイ開始からランスらしさが出てて、テキスト読んでて笑えてきてました。しかし、中盤から仲間が増えてきた中、様々な伏線が張られていたのですが、終盤に来て見るとそれら伏線が投げっぱなしで終わるような感じがしてきます。そして、ここで?というところでラストクエスト発生と、さして強くないラスボスを倒すとどう反応していいか困る後日談とともに終了しました。
 とりあえずクリアして思ったのは「さっさとランス9を出せ。」でしょうか。
 ただ、他の方の感想を見ていて今作はランス5Dの位置づけと考えると、今作の出来にも納得行きました。9に向けて新キャラや設定を出す。システムはクエスト形式でやり直しは何回でもできる気軽に進めていける形。ランス6をイメージしてたので、がっかりしましたが、5Dだと思うと納得な出来です。

システム
 必要条件さえ満たしておけば、何度でも同じクエストに挑戦できます。ですので、レベル上げ自体は何度でもできますので、難易度調整は簡単です。ただ、クエストをしらみつぶしにやっていけば、特別レベル上げのためにクエストを繰り返さなくても、失敗しつつ、大体うまくいくという絶妙の難易度設定でしたので流石アリスソフトです。自分はレベル上げは、後述のHイベントのためと、最終戦前以外は別段しませんでした。
 また、Hイベントのためにはレベル35が必要ですし、その後レベル1に戻るので、この場合レベル上げが必要ですが、経験値が非常に多いクエストが用意されてますので、それほど苦労はしないと思います。また、レベル1に戻る際、ボーナスがあるのですが、プレイした感触として1回やったくらいじゃ特に変わったことを感じなかったので、無理にやる必要はないと思います。
 それぞれのクエストはキャラの行動回数が決まっているため、この調整がクエスト攻略の全てです。逃げるやタイムオーバーも利用しつつ、必要な敵を倒してぎりぎりでクリアできた時はうれしいです。特に序盤から中盤にかけてはパーティが少ない中、苦労しますが、やりがいもあります。

音楽
 OPから、なんかおとなしい曲調です。OPは謙信らとキャンプしている画像ですが、そのイメージでしょうか。戦闘BGMも、1つは盛り上がりがあるのですが、二つ目の戦闘BGMはなんだか、入りが悪く、盛り上がりに欠けたように思います。
 期待していたのがもっと盛り上がるタイプだったので、ちょっと辛い感想になります。

ストーリー
 序盤から中盤にかけてはGOODでした。ランスの鬼畜具合とカラーとの関わりや、コパとの話など、面白いところはいくらでもありました。特にイージスが騙されるところや、勝虎の掛け合いなんかが良かったです。
逆に終盤に入ってくると、ちょっと物足りなさがでてきました。伏線が未回収になったり、魔人が適当な出番で終わったり(カイトとサテラは一回しかでてこない)と、肩透かしでしたし、ラスボスのカラーも今ひとつ主張が弱いし、強さもさほどでないので、失速感が激しいです。
 あと、いらなかったのが後日談で、物議を催してるリズナの○○化や、アームズのどうやって○○倒した、なんてのは自分はスルーできるんですが、登場キャラのしょうもないこの後とかを書かれてもなんも楽しくないですよ。具体的に言うと、本編でイベントの中で、あれだけガードやる気になってたサチコが、呪いの盾が壊れるとあっさりやめてパン屋の嫁になったとか、・・・・・・・・・・・・・そんな情報いらないって激しく思いましたよ。正直クリアしてがっかりしました。
 展開としてはランス9に続くという感じで、完結してるんだか、してないんだか。シィルがいないとダメになるってのは前にみてましたしね。それほど目新しくはなかった。
 リセットのかわいさは良かったです。鬼畜王なみで、一番の収穫ですね。9にもきっと出るでしょうから、今から期待です。パステルも終盤へたれてかわいくなりましたが、まぁそれまでがそれまでだったので。初めに体のっとられた、へたれ幽霊のビジュアルが見えてたらきっと好きになってたんですけどね。
 あと、カラーの森がヘルマンに攻撃されたとき、パステルはなんでさっさと呪い使わなかったんでしょうか。ミネバは自軍を騙してたんだと思いますが(鬼畜王でもありましたね)、なんで使わなかった(使えなかった?)のかが良くわからなかった。一時的に使えなかったとしたら、呪いを使えない状態をミネバに伝えた人がいるのだと思いますが、それも含めて、ちょっと謎なままでした。9で解決?あ、それとこのあたり、サクラって目が隠れたカラーがいたんであれが黒幕かと思ってましたが、なにも起きませんでしたw

全体
 100点満点中80点ってところです。クエスト式の今作は気軽にプレイできて、適度な難易度とともに面白くプレイできました。ただ、仲間を沢山いれられるシステムですが、代わりに一人一人のイベントが少なく、物足りません。せっかく仲間になってもイベントが一つあるかないかってキャラが沢山いるので、そこを充実してもらえたら90点、もうちょっと盛り上がりがあるストーリーだったら100点でしょうか。
 ストーリーの物足りなさは、次への発射台だと思って、次の9への期待としておきます。


ランスシリーズでの位置づけなど参考になった感想のふぁうすとさん。そうですね、ほのぼのRPGなんですよね。

このページのトップヘ