ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

カテゴリ:小説感想

微妙な内容で気合が入ってないので画像なしw

開港 佐伯泰英
這いよれ!ニャル子さん 12  逢空万太


「開港」は交代寄合伊那衆異聞シリーズ第20巻です。
内容は・・・・・・、なんというかあんまり無いです。ほぼ繋ぎな感じ。
長崎で披露宴・ヘダ号が海賊に囚われたので救出・井伊大老と縁切り。こんなところかな。
巻を通じて敵役としては大した者はでてこずに、ときおり強盗やらが出てきて退治されるってパターン。
井伊大老の頼みを受けるという話は反故にしてしまうし、大老は大老で藤之助の力が必要っていってたのに、結局レイナ1世号を奪い取ろうとする小悪党のような真似をする始末。せっかく存在感あるキャラになったかと思ったのに残念です。
そんなこんなで大老の手を逃れるために出航したレイナ1世号でしたが、なぜか藤之助は日本に残りました。なにやるんだろうかなぁ。 
 

這いよれ!ニャル子さんはなんと最終巻。 いきなりですな。思わず11巻を見返しましたがなんの予告も無かったですね。
暮井から告白されて、さてさてと思ったら いきなり暮井は身を引いてしまった。なんでだこりゃ?
ニャル子の記憶が無くなって、 それから真尋がいよいよ気持ちに覚悟を決めて、っていう流れはいいんだけど、色々急すぎるような。あとがきでいってましたが、色々な伏線はぶった切りですしね。
最期は記憶を取り戻して、真尋とニャル子が結ばれて一件落着でした。
あまり納得はいきませんが、最終巻でした。 12巻というのは決して短くないですが、毎回決まった流れでも面白かったんですけどね、残念ながらコレでおしまいでした。


というわけで二冊読み終わりました。月末にジェフリー・アーチャーの新刊が出るので楽しみにしております。 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 4 限定版 大森藤ノ
IMG_1078
3巻で因縁のミノタウロスを倒したところからのお話の4巻。
レベルアップ後の騒動や、新しい仲間とその事情。そして中層に挑むところで話は終わりました。

あまりダンジョン探索は進まずに、レベルアップ後の新スキルを試したり、仲間と一緒にダンジョンにもぐったりとそんな感じ。中休みっぽくてこれもいいですね。
それに4巻は短編が2作、限定版なので冊子にも1作入っていて、そういったサイドストーリーも楽しめる無いようになってます。

表紙右側の人物が人相悪いですけど、新しい仲間の鍛冶師ヴェルフ。魔剣を生み出せる一族ですが、魔剣嫌い。やがてはベルのために魔剣を造ってくれるのかな。

 レベルアップした者の二つ名をつける会議が神様たちの間で行われるのですが、神様たちのノリが完全に現代日本の悪乗りした野郎のようなメンタルなんで、中2病ネームをつけて遊ぶ会になっててひどいw 
ベルもその餌食なりそうでしたが無難な名前「リトル・ルーキー」が付いてよかったです。ほかは「暁の聖竜騎士」「絶影」「美尾嵐手(ビオランテ)」とかだから、読者的にはそんな名前が付かないでよかったw。

 いよいよweb連載分を完全に越えて、新しいストーリーが始まるので、楽しみです。
ただ、3巻が4月だったかな。それで4巻が12月。1月にはアイズを主人公にした外伝がでるのですが、そうなると次の本編がいつなのかが気になります。早く続きが読みたいです。 

湯島の罠 佐伯泰英
私立はかない学園 1 紺野あずれ
IMG_1075
かたや44巻になる人気時代小説。かたや校則でパンツをはく事が禁止された高校が舞台の漫画。・・・なんだこの差はw


というわけで居眠り磐音シリーズ44巻。安定した面白さ。
44巻までくると、改めて説明はいらないなー。
タイトルの湯島を見て、温泉にでもいくのかとおもったら、湯島天満宮というのがあったのですね、知りませんでした。
その湯島で辰平が失踪したのがこの巻のポイント。章立てをみるとわかってしまいますが、意外なところに監禁されてました。
それと、利次郎が仕官の口を断ってしまったり・・・。気持ちはわかるが稼ぎもなしで霧子を嫁にできないがどうするんだろうなぁ。

二ヶ月連続刊行とのことで楽しみ。というか1月4日に次の巻がでます、早すぎw 最近50巻完結予定と知りましたが、いよいよそんな雰囲気がでてきました。あと6冊、楽しみです。


私立はかない学園はもうそのまんまw
新しい生徒会長が一つ校則を作ることになってるんだけど、その生徒会長が作ったのが「パンツの着用禁止」。
自身は生まれてから一度もパンツをはいた事が無くて、それが作法に通じてるのだとか。バカだw

しかし、アンスコなしでテニスをしても下半身が見えないという立ち居振る舞いを身に着けてるあたり侮れない生徒会長。でも、他の人は無理だよなぁ。

お話はテニスで見本を見せたり、表紙の主人公が気になる男子に丸見えしてしまったり、痴漢対策をしたりしたあと、生徒会メンバーが決まったところでおしまい。次巻に期待せずにはいられない・・・。


ちなみに帯が邪魔だけど、とったらこんな風。
IMG_1076
微妙におしい!

とりあえずダメじゃなかったけど、面白いとまで言えるかが微妙。

エロマンガ先生 妹と開かずの間 伏見つかさ

IMG_1074ちょこちょこネタバレ入ります。

登場人物は完全にファンタジー。

主人公、和泉正宗。現役ライトノベル作家の高校生で引きこもりの妹の世話をしつつ生活。
まだまだ売れっ子とは言えない。でも、がんばれば一日200ページ小説を書けたりする速筆の能力がある、しかも継続的に、ってお前は鎌地先生以上か。

そして紗霧。血の繋がらない義妹で、12歳。ひきこもりで、小学生の頃からライトノベル作家「和泉マサムネ」の作品の絵師「エロマンガ先生」として活躍する。

あと、ライバルキャラというか、サブヒロインで山田エルフというライトノベル作家が登場。デビュー作がアニメ化するほど売れっ子になる。
小説は趣味で、趣味だからこそ楽しく全力で作品を書く主義。遊んでばっかりだが、やる気MAXになるとほぼ一日で一作品を仕上げる力を持つ。
全裸でピアノを弾いたりするけど14歳。なぜか一人暮らし。

まぁ真剣に考えたら負けな設定。


とりあえずヒロイン、サブヒロインの年齢が低すぎてなんとも言えぬ。俺妹も年下だったけど、黒猫が高校生になったりもうちょっと高い世代になってたしなぁ。主人公は高校一年生だけど、同級生は本屋の娘さんが一人登場するのみ。登場人物紹介にも載ってなかったし扱いは良く無さそうです。それと、二人は中学校行ってないからこのままだと最終学歴小卒。

紗霧が自分の体をもとにロリキャラの裸の絵を描いたりする話や、山田エルフが全裸でピアノを弾くところを見る所がありますが、ちょっと盛り上がれないw 
自分向けじゃないのか?と不安にもなりますが、文章は悪くないのでさくさく読めました。


流れは、
妹が「エロマンガ先生」だと発覚→山田エルフがエロマンガ先生に挿絵を希望する→偶然隣に引っ越してくる→紗霧が誤解する→山田エルフと作品で勝負→紗霧に勝負した作品を読んでもらい仲直り。
単純に書けばこんな感じ。


帯には兄妹ラブコメとありますが、独白ではやたらと強調して「自分たちは兄妹なんだ」「家族なんだから」って繰り返したり、山田エルフはやたらとわかり易いキャラ作りと発言をしたりと、テンプレな匂いがする展開をどうかいくぐって行くかが見ものかな。


作品中で、親が亡くなった理由を思い出したくないといったり、保護者が居るけど滅多に帰ってこないなんて話をしたり、更に年下の作者で一番売れっ子が居るとかサラッといってたり、スキルがどうこう言ってたりと伏線っぽいものを張ってましたが、やはり2巻が出るようで、どう展開するのか期待したいと思います。


うーむ。ちょっぴり風邪を引いて頭が痛いです。今日は早めに寝ます^^

岳飛伝 7 北方謙三
宇宙軍士官学校 4 鷹見一幸
IMG_1057
宇宙軍士官学校は続々と新しい展開がでてきます。
メインとしては士官学校に入ってきた全世界の少年少女たちの士官学校での教育が始まりますが、教官であるケイイチたちもまだまだ知らない事だらけなので、ケイイチたちも気が抜けません。
今回最期に「粛清者」の先遣が出てきたようですが、士官学校の存在はギリギリ・・・間に合ったのかな?
この「粛清者」もですが、地球に「至高者」が関わったタイミングといい、ギリギリなタイミングばかりなんですよね。
地球人をリフトアップさせて、統合政府を作らせて、仕官学校をつくらせて。そしてそのタイミングで粛清者の来襲。
なんかタイミングがよすぎなようなスケジュールなので、粛清者の行動の時期の兆候とか読めてるのかなぁ。なんかギリギリの展開が続いてます。このタイミングで進むと、士官学校でひとつの軍つくって、ケイイチが指揮官になるのかな?
あと、リーが元気でよかった。最新鋭戦闘機を操って、是非活躍してほしいです。

岳飛伝は小説すばるで連載を読んでるので新しいところはないけど、各地が動き、岳飛も南方に拠点をもって、岳飛伝後半のスタートといえそうです。小説すばる最新巻で、史進が臨安府を急襲したり、秦容が高地人たちを撃退するシーンなど、面白い展開が続いてました。収録されてるか期待したんですけどね^^;
次が待ち遠しいです。
IMG_1058
あと、裏表紙の登場人物がちょっと面白かった。元黎か誰か、秦容・岳飛の付近にいる人物だと思うけど、なんか味のある顔ですw



このページのトップヘ