微妙な内容で気合が入ってないので画像なしw

開港 佐伯泰英
這いよれ!ニャル子さん 12  逢空万太


「開港」は交代寄合伊那衆異聞シリーズ第20巻です。
内容は・・・・・・、なんというかあんまり無いです。ほぼ繋ぎな感じ。
長崎で披露宴・ヘダ号が海賊に囚われたので救出・井伊大老と縁切り。こんなところかな。
巻を通じて敵役としては大した者はでてこずに、ときおり強盗やらが出てきて退治されるってパターン。
井伊大老の頼みを受けるという話は反故にしてしまうし、大老は大老で藤之助の力が必要っていってたのに、結局レイナ1世号を奪い取ろうとする小悪党のような真似をする始末。せっかく存在感あるキャラになったかと思ったのに残念です。
そんなこんなで大老の手を逃れるために出航したレイナ1世号でしたが、なぜか藤之助は日本に残りました。なにやるんだろうかなぁ。 
 

這いよれ!ニャル子さんはなんと最終巻。 いきなりですな。思わず11巻を見返しましたがなんの予告も無かったですね。
暮井から告白されて、さてさてと思ったら いきなり暮井は身を引いてしまった。なんでだこりゃ?
ニャル子の記憶が無くなって、 それから真尋がいよいよ気持ちに覚悟を決めて、っていう流れはいいんだけど、色々急すぎるような。あとがきでいってましたが、色々な伏線はぶった切りですしね。
最期は記憶を取り戻して、真尋とニャル子が結ばれて一件落着でした。
あまり納得はいきませんが、最終巻でした。 12巻というのは決して短くないですが、毎回決まった流れでも面白かったんですけどね、残念ながらコレでおしまいでした。


というわけで二冊読み終わりました。月末にジェフリー・アーチャーの新刊が出るので楽しみにしております。