ヴァーチャル・レッド 3 シギサワカヤ
IMG_1036
1巻から購入しつづけてるヴァーチャル・レッド。3巻も購入してきました。

話の時間が前後に飛びまくりで頭が追いつかないことが多かったですが、3巻に来てそれはようやく少し落ち着いた感じ。


でも、うーん。もろ手を挙げて面白いといえる作品じゃないなぁ。
喜びがあって、悲しみがあるんだけど、主人公の独白や心の中の気持ちがページ中に沢山でてて、常に悔やみの思いや「こうしてればよかったのか」ということばかりに溢れててなんだか辛い。

ハッピーエンドな和気あいあいとした話だけが読みたいというほど子供じゃないつもりだが、読んでいて話に引きこまれる感覚がなかった。残念ながら。

既刊の中だと、どうにもならない状況としては「未必の恋」が近いのだろうか。でも、あちらは前に進む気持ちもあったし、キャラクターの性格に救われてる部分が多かったのでこの作品ほど暗くは無かったなぁ。
やっぱり既刊は既刊。この作品はまた新しい話なんだろう。
同人誌から始まった話というのも関係あるのだろうか。

好きな人は好きなんだと思う。 ただ、自分には合わなかったのが残念でした。