ひさびさに漫画を購入。

戯姉弟 陸乃家鴨
エクロール 内々けやき
IMG_0753
戯姉弟は作者買い。連載はぽつぽつと読んでましたが、いつもよりエロ分が高いような気がした。同じ組み合わせばかりだからかな。
ブラコンの姉が、生き別れになってる弟と同じ名前の男とくっついちゃってアレコレという話。
最終的に悲劇的な話にならないのは安定した陸乃家鴨先生クオリティ。やっぱこういう話が好きです。
絵が芸術的だったり、無茶苦茶艶かしかったりするわけでもないのに、お気に入りなのは、話の雰囲気が好きだからです。

エクロールは、直前にショタとか女装とかTSとか情報を見て、買うの躊躇しましたが購入。
読んでみると、それらは全部アクセントで、それぞれ事情を抱えて閉鎖環境で薬によって女体化させられる少年たちの心の話が大事でした。帯に「オトコノコでもあり、オンナノコでもあり、ただオトナじゃなかった僕らの物語」とありますが、そういう話。
笑える話ではないですが、なかなか良かった。

巻末の短編は、姉に無理やりチア部の助っ人をさせられる女顔の弟の話。こういう話も好きですw


甘詰留太先生のパピィラバーズが売ってなかった。延期したのかな。残念。