新シリーズいよいよ開幕。
 というわけで、魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦の感想です。
 
 キエサルヒマよりヴァンパイア化を求めた集団が大陸に渡航し、それを追って牙の塔のマヨールらも渡航してくる。その中で、カーロッタの所在がしれなくなり、オーフェンらは探るためにヴァンパイアと戦い勝利。しかし、捕らえたヴァンパイアが融合し、結果、魔術学校に壊滅的被害が与えられました。新シリーズ一巻から不穏な始まりですね。

 登場キャラを追っていくと、とりあえずマヨールがんばれって感じですね。
・妹がヴァンパイア化を求めて原大陸に渡る。
・塔の使節として大陸に向かうも難航。
・独自に追いかけようとするも、いきなり失敗。
 最後にようやく探索の旅の始まりと、やたら苦労の多そうな道のりが早々に見られて、今後のシリーズにも期待がもてます。マヨールの「はぐれ旅」がこの新シリーズの鍵になるのでしょうか。戦力的には魔王術を満足に使えない時点で、かなり厳しそうですが。

 オーフェンも多事多難。無謀編の頃からは想像できないほど真面目に取り組んでいた魔術学校が壊滅して、これからしがらみを捨てて、彼もまた旅にでるのでしょうね。無料冊子は2巻だけ読んでますのでそんな話が載ってました。
 この巻を通じてままならない状況だけが、出てきてしまってますね。エッジらが感じたように、どうしたって敗北が見えてくる状況はこれまでにないほど不穏な空気を感じます。新世代のキャラクターたちが風穴を開けてくれるといいんですけど。
 
 オーフェンの家族たちもかなり活躍。エッジとラッツベインが同調することで、かなり強力な魔術師になることが判明。マジク直属の立場を得て、今後も活躍しそうです。ところでラチェットは何者?なんか底がしれないというか、裏設定があるんでしょうか。でもやる気がなさそうなんで、あんまりストーリーには絡まないのかなぁ。クリーオウも台詞付で登場してヴァンパイアを撃退する大活躍。やたら楽勝でびっくり。あの毒はもっと研究して武器にしたらヴァンパイアへの対抗措置になるんじゃない?

 新刊は予想より早く、新春にはでるらしいので非常に楽しみ。

IMG_0208
カラーイラスト
この巻でオーフェンは旅にでるのかと思いました。後姿も年をとったもんです。