ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

2014年03月

更新をさぼりまくってるけど、自分用に予定だけは立てて置くw
FF14にアップデートが入って忙しいんですよーーーーーーーーーーーーーーーーー(言い訳)。

04/04 講談社 砂の栄冠 17 三田 紀房
04/07 講談社 海月と私 2 麻生 みこと
04/14 KADOKAWA ストラヴァガンツァ ~異彩の姫~2 冨 明仁
04/17 竹書房 麻雀小僧 9 押川 雲太朗
04/19 日本文芸社 氷の女王、ときめくる。 1 佐野 タカシ
04/23 KADOKAWA 高杉さん家のおべんとう 8 柳原 望
04/23 講談社 グラゼニ 14 アダチ ケイジ/森高 夕次
04/23 講談社 GIANT KILLING 31 ツジトモ/綱本 将也
04/26 KADOKAWA わくらばん 3 桂 明日香
04/26 双葉社 焔の眼 6 押切 蓮介
04/30 小学館 くーねるまるた 4 高尾 じんぐ


04/10 魔法科高校の劣等生 (13) スティープルチェース編 佐島勤
04/10 STEINS;GATE 線形拘束のモザイシズム 海法紀光
04/10  光文社光文社文庫 吉原裏同心20 髪結 佐伯泰英
04/22 ゲート外伝 参 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 〈黄昏の竜騎士伝説編〉
04/下  角川春樹事務所 時代小説文庫 後見の月 鎌倉河岸捕物控 佐伯泰英


久々に作品ピンで感想。我妻さんとか雀荘のサエコさんとかも買いましたが、こちらは連載を読んでなかった分、単行本で読んだときの面白さがあったので。

ひとよひとよに乙女ごろ 今村陽子
IMG_1115


今村先生のは、女子高生の姪とその友人二人と共同生活する「SUNNY」って作品が面白かったので、単行本も持ってます。そのほか、少年画報社のTSモノ本「チェンジH」でヒーロー物を連載してたのは知ってますが、この作品は初めて読みました。
同じく「チェンジH」からの連載なので、TSモノです。

舞台は明治大正っぽい時代。昭和前期とかになると暗さが入るのですが、『大正デモクラシィ』とか言うと、ロマンが入ってくるから不思議。
そして、軍人の主人公黒崎和馬が軍の実験に協力することになり、その実験の過程で女性化してしまいました。

コレが
IMG_1116

コレに

IMG_1118
大日本帝国の科学力は世界一ィィィィィ。とか言いたくなります。これが実験の失敗じゃなくて、実験の過程で女性化するのがわかってたって辺りが凄いです。むしろこの技術を進めてほしい。


イケメンの先輩の家に預けられますが、実は男だった時に先輩の妹にドキドキしてたり、今はなぜか先輩と接触するとドキドキしたりして、色々イベントがあります。
じきに男性に戻る予定なのですが、女性化してる間に男性に恋してしまうと女性化が固定してしまうという謎のシステムなので状況が危険だったりしてw
しかも、先輩に傾くと胸が大きくなったり女性化が進んで、妹に傾くと逆になるという解りやすいビジュアルの変化がいいですw

IMG_1122

元男のせいで逆に初心っぽくて男性を惹きつけたり、先輩は先輩で男だとわかってて、そんなつもりなかったのに、なにやら怪しい気持ちになったりとTSモノのいいところもバッチリでした。

IMG_1121
結末は是非読んで欲しいです。それと、おまけについてる4コマ・1コマもいいツッコミになってて面白かった。1巻で完結ですので、サラッと読んでみるにもいいと思います。

今村先生の次の作品にも期待してます。



微妙な内容で気合が入ってないので画像なしw

開港 佐伯泰英
這いよれ!ニャル子さん 12  逢空万太


「開港」は交代寄合伊那衆異聞シリーズ第20巻です。
内容は・・・・・・、なんというかあんまり無いです。ほぼ繋ぎな感じ。
長崎で披露宴・ヘダ号が海賊に囚われたので救出・井伊大老と縁切り。こんなところかな。
巻を通じて敵役としては大した者はでてこずに、ときおり強盗やらが出てきて退治されるってパターン。
井伊大老の頼みを受けるという話は反故にしてしまうし、大老は大老で藤之助の力が必要っていってたのに、結局レイナ1世号を奪い取ろうとする小悪党のような真似をする始末。せっかく存在感あるキャラになったかと思ったのに残念です。
そんなこんなで大老の手を逃れるために出航したレイナ1世号でしたが、なぜか藤之助は日本に残りました。なにやるんだろうかなぁ。 
 

這いよれ!ニャル子さんはなんと最終巻。 いきなりですな。思わず11巻を見返しましたがなんの予告も無かったですね。
暮井から告白されて、さてさてと思ったら いきなり暮井は身を引いてしまった。なんでだこりゃ?
ニャル子の記憶が無くなって、 それから真尋がいよいよ気持ちに覚悟を決めて、っていう流れはいいんだけど、色々急すぎるような。あとがきでいってましたが、色々な伏線はぶった切りですしね。
最期は記憶を取り戻して、真尋とニャル子が結ばれて一件落着でした。
あまり納得はいきませんが、最終巻でした。 12巻というのは決して短くないですが、毎回決まった流れでも面白かったんですけどね、残念ながらコレでおしまいでした。


というわけで二冊読み終わりました。月末にジェフリー・アーチャーの新刊が出るので楽しみにしております。 

漫画買ってないから書くこと無い!
日々の出来事に面白いこと無い!
そのくせゲームやってて時間が無い!

というわけで絶賛更新サボり中。 一応、ニセコイと砂の栄冠は買ったんだけど、連載で全部読んでるから今ひとつ今更感想書くところがないんですわ。



あと、艦これ始めました。ちまちまと。 鹿屋サバがちょうど応募できたんで、登録。やはり初めは面白いので楽しんでやってます。龍田・天竜がいいんだけど、空母の強さに惚れそう。六機編成を全部空母とかダメなのかな。資源消費が激しそうだけど。

ただいま、FF14・ガンダムオンライン・ 艦これとネトゲして、さらに3DSでスパロボとか進めてるわけです。そりゃ時間もなくなるな。

明後日は佐伯泰英先生の新刊がでるし、楽しみにしています。それでは、低速運転中ですが失礼。

風邪ひいてしんどい・・・。

熱は少しは下がってきたけど、深夜には嘔吐するし、下痢がつらいわー。有給つかったけど、一日で回復せねば・・・。 

このページのトップヘ