ここは関東? ~山梨の日々~

漫画・小説・ゲームなど適当に、備忘録にでもできたら。

2012年06月

アマガミ、楽園は買ったんですけど、感想書く時間がないので、また今度。しかし、シギサワカヤ先生連載の第二話、双子がなに考えてるのかがわからない。短編読んでも理解できないのは、私の読み込み不足なのか。早く続きを出してくれー。あと、「お前は俺を殺す気か」ってタイトルはきっとストレスで死ぬんだろうな。3人しかいない職場で二人に手を出しちゃあかんだろう。

さて、それでは高速バスで東京へー。ペルソナの映画みてきま。その勢いでVITAとペルソナ4ゴールデンも・・・買うかどうかはわからないです。

ウィザードリィやりながらちびちびとやって、まだフィルツベルグ来た所。今回調合がいろいろやれる事が多すぎて、時間くいそう。一周目は適当にいかないとなー。

そのうえ明日は夜に東京行く予定。朝に築地行って、その後にペルソナの映画の席予約したんで、見てきます。7月の3連休ぐらいにほんとは行きたかったけど、その頃まで上映してるかわからないし・・・。

でわー。

ムダヅモ無き改革 8 大和田秀樹
IMG_0552ある意味、今月一番楽しみだったコミックス「ムダヅモ無き改革」8巻を買ってきました。事前に、作品に登場する政治家が帯にでると聞いてたので、鳩山元総理を期待していたのですが、残念ながら石破氏でした。さすがにあのキャラじゃ推薦してもらうのは無理か・・・。


麻雀部隊MJ-13の仕分けを賭けた3on3勝負。
前巻よりつづく第二戦、乾vsレンホー戦が決着します。
レンホーの立て襟を利用したパラボラローズを破り、逆転を賭けた乾のダブルバスターコレダー・・・もとい
IMG_0554ダブルテスラコレダーにてレンホーを異次元に飛ばし、上がっていたはずの牌を捨てさせて逆転の役満直撃にて勝利しました。

そして、第三戦が始まります。主人公真田に対するは、この巻のある意味、主役といっていい鳩山の登場です。
IMG_0556すごく・・・宇宙人です。

そして、総理大臣だけあって、すごい能力を持ってます。
東1局、タイゾーの手が高いと見るや




IMG_0557
大チョンボ!





さらに一本場。タイゾーが大三元確定で聴牌するや、


IMG_0558

大チョンボパート2!



麻雀においてありえない行動をとる鳩山総理。しかも、この後、8千オールをあがって、全員原点に戻ります。

そして、もう二度とチョンボなどしないと誓い、米国との信頼を壊した伝説の言葉で約束します。
IMG_0559
そしてやっぱり当然、
IMG_0560

大チョンボパート3!


もう、面白くてしょうがない。今までこの漫画にはいろいろな有名政治家がでてきて、個性を出していったけど、この総理以上は居なかったと断言できる。

どうやら鳩山総理は、チョンボを繰り返すことで、麻雀力が上昇する能力を持っているよう。こんな想像もしてなかった行動(チョンボ)にどう対応すべきか一同悩みますが、そこは主人公。即座に鳩山チョンボに対応します。


IMG_0561
チョンボで。

お前ら麻雀やれよw


続きは、次局タイゾーが鳩山の「手役25%削減」マニフェストリーチにマンガンを振り込んだところで終了。不敵な笑みを浮かべる真田の姿で終わりました。

IMG_0563
最後は爽やかに、ゆかりタンと絢乃さんのグラビアショットで〆。
カバーにゆかりタンって書いてあるんですけど、設定的に○○才くらいいってますよね。言わないけど。
あー、早く続きが読みたい。鳩山元総理のありえなさ、意味不明さ、宇宙人ぽさ、すべてが表現されてて最高な一冊でした。9巻での決着を待ってます。元総理に怒られて発禁にならないことを祈って!

こえでおしごと! 8 紺野あずれ
ハイスコアガール 2 押切蓮介
IMG_0543
女子高生エロゲ声優が4人に増えたこえでおしごと!8巻です。って、すごい状況だ。

新キャラお嬢様の絢雨の性格がいいために、恋のライバルとまではいかなかったですが、海津との関係によい刺激になりそうです。

カラーイラストは柑奈の絶頂?・・・というだけではなくて、それを聞く人にまで絶頂をあじあわせるほどに進化した柑奈の姿。エロゲ声優としては神スキルですな。
IMG_0544






男の自慰がわからない女子高生4人に見せ合いっこをせがまれる
海津の姿。・・・うらやましすぎる。

IMG_0545

ある意味究極のエロゲ声優としてのスキルを身につけた柑奈。その先はなにがあるんでしょうか。

そして海津との恋の行方は・・・といっても両思いなのはバレバレですけど。
この巻では告白しようとした柑奈がトランスしてしまって、海津に陵辱を迫ってしまいました。こんなんで告白できるんでしょうかね。





ハイスコアガールは新ヒロイン日高が登場。とはいってもヒロイン大野の引き立て役に終わりそうな予感がプンプン・・・。
IMG_0547
中学2年生にしては胸が大きい?日高さん。


大野が外国に去ったのち、寂しさを感じつつも変わらずゲーム三昧な日々を送るハルオ。そんな日々の中でも大野が帰ってきたときに渡り合うためストⅡシリーズに対しての思い入れが強いのが密やか気持ちを表してていいです。

まぁ、ハルオはバカな中坊なので、女の子としてどう思うか、なんて考えは浮かばないみたいですが。

そしてそんなゲーム漬けなハルオが、中2の冬に、特にゲームが好きではない日高となにかと接触。決して素敵な男じゃないけど、ブレないハルオに日高は徐々に惹かれていきます。

そして、中3になったころ、大野が帰国してきます(学校ではハルオは気づきませんでしたが)。

IMG_0550
そして、久しぶりの再会の挨拶にストⅡXの対戦を挑むハルオ。でも、大野は対戦を放棄。そして偶然ボタンを押してしまって、協同プレイとなったファイナルファイトでもハルオを苛めるプレイばかり・・・。

ハルオは、小学生の頃からゲームの腕前が追いつくことができず、遠く離れた存在になってしまったかとがっかりしますが、どうも大野がハルオにヤキモチをやいてるんでしょうか?実はこの対戦の前に、IMG_0548

日高とゲーセンに来てたり、
IMG_0549
一緒に掃除をしているところを車の中から診ていた大野。久しぶりに帰ってきたと思ったら、いつも他の女と一緒のところをみたら怒るわなぁ。大野は声に出さないだけに推測になってしまいますけど。

ハルオは中3になってもガキのままでしたが、大野はどうなんだろう。1巻では子供同士のほのかな気持ちが感じられたのですが・・・。
IMG_0551
別れの時にもらった指輪を大事にしている大野にとって、ハルオは大切な存在だということはわかるのですが。


3巻はようやく学校での二人のシーンが増える様。ゲーセンが繋いだ二人がどうなるのか楽しみ。日高も大野の存在を知ってもがんばるみたい。がんばれ日高。

番外編の小学校時代の夏祭りもよかった。仲のいい大野とハルオの姿が見えます。
相変わらずしゃべらないけど、結構意思が通じ合う二人。祭りにきてもゲームをやろうとするハルオに頭突きをする大野がかわいい。子供の頃は素直なんですよね。

この絵柄の作品を自分が読みたいと思うのはめずらしいとは思うのですが、1巻、2巻に続いて3巻が待ち遠しい。ゲームネタもディープな話じゃなくて、わかりやすい所が多いのでストⅡとかしてた人なら通し、お勧めです。






僕は友達が少ない 8 平坂読
IMG_0542
というわけで、休み中に読んでたけど、感想を上げ忘れた僕は友達が少ないです。
ヒロイン理科でいいんじゃない。って感じの7巻、8巻。

最近の巻はなんかメタな発言が多いというか、お約束というか、ハーレム系コメディではスルーしてもいい所を突っ込んだ展開になってきてますね。コメディとして面白いかというと困りますが、こういう話をしていくと、内容が大きく動いていくのを感じます。

星奈が皆が居る部室のど真ん中で告白しますけど、小鷹はそれを今の隣人部の環境を壊したくないとスルー・・・したいけど出来るわけなく、チキンにも逃げ出します。
そして、隣人部を避けて、遊佐との関わりから生徒会に出入りするようになりましたけど、それは結局みんなが集まってた隣人部を壊してしまってるということで、怒った理科とのバトルが終盤に展開。それぞれが本音を吐いて、前に進んでいくことになります。


理科 メインヒロイン。脳波で動かす武器は本物かと思って関心したのに、残念。イキナリ僕口調になりましたけど、前振りありましたっけ。
星奈 がんばった。設定的にはどう見てもメインヒロインだな。メロンメロン。
幸村 ワンシーンだけだけど、かなり女の子だった。でもやおい穴はないだろう。
夜空 ヒロイン的には空気。
マリア 実は先生じゃなかった。気にしてなかったけど。幼児かわいい。
生徒会 遊佐は夜空の敵としては弱かった。そして星奈には顔も憶えられてない扱い。小鷹が生徒会に入るかとおもったけど、それもなかったので、今後の出番はあるのかなぁ。



小鷹のラッキースケベがうらやましすぎて、私もナインライブスほしー。









このページのトップヘ